ペグル2の追加コンテンツを購入。ジミー・ライトニングさん驚異の隠しコス!

DSCF1929 (500x241)

こんにちは。わざわざPS4で「ペグル2」を遊んでいる者です。コントローラがいろんな色に発光して盛り上がるなあ(棒読み)

ペグル2は、マスターと呼ばれるキャラクターといっしょに遊ぶ簡易ピンボール。
ボールを打ち出して、赤いピン(丸いやつ)とブロックを全部壊したらクリア。緑を壊すと各マスターによって違う特殊なパワーが使える。シンプルだけど演出が良くてかなり時間費やしちゃった。
最初は運だけのゲームかと思ったけど、ステージとマスターの相性もあるし、だんだん運じゃない部分も見えてくる。

DSCF1966 (500x315)

たとえば雪男(?)のバーグは、ステージを凍らせてピンが滑るようになる。ビリヤードみたいに、一直線にピンが並んでいるステージでは一気に大量消しができるし、ピンの軌道の跡が、くもったガラスを指でなぞったみたいに残るのがきれい。


調べた限りだと初代ペグルの方がマスターは多いらしいんだけど、続編になって各キャラの動きが良くなって、それぞれ音楽やSEも変わる凝りよう。
僕はこの「続編であえて登場キャラを減らす」進化が好きなんですよ。

格闘ゲームがよくシステムも人も増えて最終的にゴチャゴチャした感じになることがあったり、映画のパート2で1作目の敵が増えたり強くなるパターンが多いけど、その方向に舵を切らなかったというのに、何かこだわりを感じる。

DSCF1961 (550x273)

基本は使えるマスターは上段の5人。
とはいえ、5人クリアしてもまだまだやりこむ気マンマンだったので追加キャラの「ウィンディ」「ジミー・ライトニング」も購入した!各200円。
下段左の可愛いやつがウィンディ、その横のきたねえ物体がジミーさんだ。

ちなみに、とっくに発売されていて検索すれば出てくるのに、ゲーム内からショップにアクセスすると「まだ発売されていません」という表示が出るだけという酷さ。普通はこの時点で購入やめるでしょ。
そもそもこのゲーム自体PS4のホームページでも発売されたことに全く触れられてなかったし、なんなんだろう。ジミーさんの威光さえあれば宣伝しなくても大丈夫という判断だろうか。

DSCF1963 (500x286)

もちろん追加キャラも、それぞれ専用の音楽と効果音付き!
ウィンディはこのゲーム唯一の普通に可愛いキャラで、優しい音楽と、「♪ハーレルヤ」の合唱もあって、ゲーム内容は変わってないのにちょっと癒し系の空気になる。

DSCF1928 (800x450) (500x281)

ジミー・ライトニングは特殊技の「マルチボール」でボールが分裂。
発動した場所が悪ければ何の効果もなく終わるし、運が味方をしてくれれば1発で高得点をたたき出せる。
専用BGMも、よーく聞くとコーラスで
「ジミジミ…ジミジミ…ジミライトニンッ」
と低い声が響いてる曲があったりして、いい味出してる。前作で話題になった突然の画面下からの登場はない。その代り得意のギターは披露してくれる。


そして、条件をクリアしたことでもらえるジミーの隠しコスチュームがこれだ!
(ネタバレなので、楽しみをとっておきたい方は目を閉じるように)








DSCF1965 (500x318)

モーキャプジミー


モーションキャプチャーで動きを取り込んでいる最中のジミーさん。
いかん、なんかツボに入ってめっちゃ笑ってしまった!

本物の役者さんやスポーツのできる人にこういう電球がついたような衣装を着て動いてもらうと、その動きがそのままデータ化されてリアルな動きのキャラがゲームに出てくる…聞いたことはあるけど!ゲーム雑誌で見たことはあるけども!
images_20141108154954ed7.jpg

ジミーさん、お前の出演するゲームにモーションキャプチャー必要ないだろ!っていうか、何でこの衣装をチョイスしたんだろう。すごい内角ギリギリを攻められた。

もちろんステージも手抜きはないし、追加キャラを購入したところでゲームバランスがぐちゃぐちゃになるようなこともない。本編の内容が気に入ったら2人ともまとめて買ってもらって、まず後悔はしないと思う!
関連記事

コメント


トラックバック

↑