心の不調に悩まされた2014年10月の記録と出費


「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」3500円
「トゥームレイダー」3300円
「SIMPLE DLシリーズ THE熱血!炎のラーメン屋」「AiレースX」770円
「それでも町は回っている」「身体のいいなり」「メイサーズ」1800円

これほどはっきり心身が不調を訴えているのは初めて!な10月でした。

先月の終わりごろから、ごくごく軽めのパニック障害やうつ気味の症状がでかけたんですが、深刻化する前に休みを(無理やり)取得できて本当に良かった。完治とはいかないまでも、少しづつ本来の自分に戻っているようにはなってます。

手元の一言日記によると、10月の頭は「ひどく不安」とある。
薬をのんで、ひたすら寝て、とにかく気晴らしをしなさい。先のことに悩むな!という、お医者様の忠告に従って、自宅にこもってました。
その間、ゲームや本に夢中になっている間だけは不安から逃れることができたので、これまで以上に
「全てのエンターテイメントよ、ありがとう!」
「世界のクリエイターの皆様、ありがとう!」
という気持ちがいっぱいです。

でも、薬が効いてて快調なときは元気で、寝てるか遊んでるかばかりして、急に具合が悪いですと言って休む奴を、気遣ってくれた人がいたことがすごいと思う。
自分がもし逆の立場だったら、そんな都合のいい病気があるのかと疑ってもおかしくない。

今はまだ外部からのショックに敏感で、特に、おこられるのと、精神的にくるタイプのホラー映画に弱い。子供でも観れるようなちょっと怖めの作品から慣らしていこうかしらん。




今後購入予定本。アマニタ・パンセリナを読みすぎでカバーが破れてしまった。
「よみがえるケイブンシャの大百科」は、小学生のころにこれの心霊写真のやつか何かを読んだ記憶がある。ノストラダムス関係のやつもそうだったのかな?当時を懐かしむだけの資料というだけでなく、長らく欠番ではないかと思われていた35冊目が何の大百科だったのかついに判明したとある。面白そう!

関連記事

コメント


トラックバック

↑