グランゼーラ(元アイレム)の「マンガ・カ・ケール」が面白そう!

ゲームショーで披露された情報をちょっとづつ見てます。

興味がわいたのは、PS3用ソフトで発売直前だった「絶対絶命都市」の発売中止で完全にトドメをさされたアイレムのスタッフが結成した「グランゼーラ」という会社が発売するVITA用ソフト
「マンガ・カ・ケール」です。
面白そうだあ、という気持ちとグランゼーラ頑張れという気持ちの両面から。

公式

最初はてっきり3DSの「絵心教室」のマンガ版で、絵の練習をするゲームだと思ったんだけど、そうじゃなかった。
たくさんある絵を配置して、背景や効果を選んで、セリフを書きこんで、一発で世界に発表できるという、
「絵が描けない人のためのマンガ作成ツール」
だったんです。

「マンガ・カ・ケール」じゃない。
「マンガ・カイトイタ」だった。

同様のソフトがもうあるのは知ってるけど、それがもっと使いやすくなって、PSプラス会員なら無料で買えて、課金していくと凝った素材が使えたり宣伝したりできるのかな。面白そうだな。

ブログやってると、絵の力ってすごいな、と思うことがよくある。どんなにヘタでも、自己紹介の欄に可愛い手描きイラストひとつあるだけで全然印象が違う。
文章だったらまず興味のある題材じゃないと読んでもらえない。
かといって、画力って小さいころから描いて今も練習してる人には絶対勝てないところがある。

ただ、専用の発表場所を用意するんじゃなくて、文章多めのブログの箸休め的に貼り付けることができたらいいなと思ってるんです。

要は、グランゼーラってエイプリルフールネタ考えてるばかりじゃなくて、ちゃんといろいろ仕掛けてたんだ!(そりゃそうだ)って話です。
関連記事

コメント


トラックバック

↑