「他にもっと楽しくて、可愛いキャラが出てほめてくれるゲームいっぱいあるよなあ」と思ったらそこで試合終了ですよ。3DS「ピンチ50連発!!」クリアレビュー!

とんでもないゲームだった…。モバイル&ゲームスタジオの3DSDLゲーム「ピンチ50連発!!」500円。
謎の島に不時着したトレジャーハンターになって、50の映画的ピンチを突破するアクションゲームだ。
敵紹介がステキな公式ページ

DSCF1865 (450x295)

迫りくるワニ!弓で狙う原住民!転がってくる大岩!
ゲームウォッチの電池を入れた直後の画面っぽいけど最新のゲーム画面です。音楽はオーケストラ風。
プレイ動画を観たときは「最近多い、難易度高めでリトライ地点は細かく区切ってあるアクションゲームかな」と思うし、実際そうなんだけど、その難易度がハンパじゃなかった。

主人公は十字キーで移動してBでダッシュ、Aでジャンプ。
動きは独特のクセがあって異様に細かく、昔の不親切な洋ゲーっぽい。
これ以外の操作は説明書にも書いてないから自分で見つけないといけないというのが、このゲームの好きだけど、賛否が分かれそうなところです。

つまり、攻略ルートを見つけるだけじゃなくて、操作方法を発見するところから謎解きみたいになっている。
たとえば途中からトロッコに乗って進むシーンがあるけど、トロッコに乗っても動かない。
いろいろやってみると、トロッコの後ろにいるときに押す動きをするので、ある程度後ろから押して、ちょっと助走がついたところでジャンプして飛び乗ればいいんだな、とわかる。
だけど、ダッシュし続けると主人公は息が切れて止まっちゃうので、トロッコだけが坂道を下って行って、主人公が置いてけぼりにされたりする。
そんな動きのクセがわかってきたところで、ようやくトロッコを使ったアクションに挑戦することができる。

…まずトロッコに乗って進んで、トゲのある地帯を越えて、ジャンプで穴を跳び越えて、ツタを登ろうとしたらヘビが出てくるから一旦よけて…アーッ!
悲鳴を10秒に1回は聞くことになる。悲鳴の種類がいっぱいあることで最初はちょっと笑えたけど、何百回と繰り返されるとイライラしてくるので、オプションで悲鳴だけ消すことができるのは本当に助かる。

DSCF1862 (450x271) (2)
重要テク、崖っぷちハング

スタッフは「チャリ走」もてがけたらしいけど、これは最近スマホなどで多い(らしい)ラン&ジャンプのシンプルアクションとは違って、ピンチごとにどうすればいいのか考える必要がある。
単にジャンプのタイミングが難しいとか、そういう難しさではないのだ。

もちろんクリアは毎回ギリギリ。僕は1回全クリしたのに、もう1回やり直したら全然進めない。
「アウターワールド」あたりの、昔の不親切な洋ゲーの味をなぜか現代に蘇らせてしまった。後半まで進んだあたりの素直な感想は
「子供がうっかりこれ買ったら、ゲーム嫌いになっちゃうよ」だった。
これこそ年齢制限が必要だ。

ただ、個人的には好きなゲームだし、オススメ…

は、しません(笑)
しませんよ。できるわけない。これを誰にでもオススメしてる人がいたらおかしい。

ましてや、このブログ主は、PS4のディアブロ3という、高級チョコレートみたいなゲームをすぐ売っちゃったんですよ。
その後に「ピンチ50連発」とかいう、汚い駄菓子屋に売ってるどぎつい色のアメみたいなわけのわからないゲームを、眉間にシワを寄せながらもなぜかもう一口、もう一口、と食べて最終的に
「これはこれで、他にない味があるんだよ」
と肯定しちゃったんだから。

警告はしたからね!
(購入確定ボタンを)押すなよ!押すなよ!…絶対に押すなよ!

それでもつい押しちゃったなら、全面クリアしないとエントリーできない謎仕様のネットランキングに供に名を連ねよう。
(9月25日現在不具合でネットランキング表示されず)
関連記事

コメント

おやぢ3 #-

これはひどいwww
こんなゲームもあるのか!!

2014年09月26日(金) 01時06分 | URL | 編集

児斗玉文章 #-

No title

なんか、昔あった星を探すフラッシュゲームを思い出しますねw

2014年09月26日(金) 20時18分 | URL | 編集

#-

難すぎるしかも無理ゲーすぎる

2015年07月12日(日) 09時27分 | URL | 編集


トラックバック

↑