人生で初めて「本の装丁」を意識する (きっかけになった2冊)

今まで、本は文庫がいいとか単行本がいいとか、電子よりそのもののほうが読みやすいとか、そのくらいのことは意識したことがあるんだけど、本の装丁がどうというのは意識したことはなかった。
それがさっきまで読んでたいとうせいこうさんの小説で、本読み人生で初めて装丁というものを意識し始めた。この本が何となく、持ってて気持ちいい。

DSCF1682 (366x400)


表紙の絵は買うときから気に入ってたけど、それよりも持ってるときの本全体の縦横の比率とか、本の厚さとかすべすべ感の絶妙さが、なんかいいな…と思い始めて、改めて意識してみると、表紙は白系でカバーを外した部分はシルバーで、しおりの紐は紺色で、寒色で統一されている。更にはそれが、内容の知的でちょいクールな感じを引き立てている。
すごくいい。

DSCF1683 (186x280)


誰も見ないかもしれない、カバーを外した表紙のデザインまでいろいろアイデアを出して、話し合いをしたりして決めて、一冊ごとに作っているんだと思うと…
これ、すごく贅沢なことだよね!? 今まで装丁を意識していた人からしてみれば当たり前だけど。

じつは少し前にも、本の装丁でいいと思ったことはあった。
宮田珠己「いい感じの石ころを拾いに」という本で、ひたすら石を拾いにいった写真と文章が載っているという、はっきり言ってなんだこりゃ感が漂うテーマなんだけど、表紙をめくったところに、ヌードグラビアの脇に添えられているポエムみたいなのが書いてあって、最初は笑ったんだけど石に対して恋しているみたいで良かった。

DSCF1679 (474x500)

ただそれだけが気持ちいい(自由研究に悩んでいる人も必読)

DSCF1680 (500x467)


本の内容はともかく装丁を気にしている人なんか面倒くさいとしか思えなかったんだけど、一度意識してしまうと、これから読む本の評価項目に、「内容」以外に「装丁」という新たな項目が付け加えられることになる。
いいことなのか悪い事なのか。

僕は毎年そこそこの物を買ったり売ったりするけど、最後に「手元に残しとこう」とギリギリ踏みとどまらせるのは、こういう細かいところ演出の差だったりする。
ゲームに説明書が付いてるか付いてないとか。

これからは文庫本派から単行本派に転向しようかな…しかしどうしても気軽さではかなわないんだよなー。
関連記事

コメント

児斗玉文章 #-

No title

確かに白を基調としたスタイリッシュな装丁ですね。
宗旨替えする気持ちも分かります。

2014年08月05日(火) 18時40分 | URL | 編集


トラックバック

↑