リトライの果てに浮かぶ解法! ダークホース的3DSDLソフト「オーノーオデッセイ 地球からの脱出」レビュー!

3DSダウンロードソフトがたくさん配信された7月末。
僕が購入したのは一番地味で情報もなにもなかった「オーノーオデッセイ 地球からの脱出」。配信はアークシステムワークスで500円。やりこみ要素までは手を出してないけど、とりあえずクリアしたところ。

DSCF1656 (400x239)


いくら検索しても公式ページと自分のツイートしか出てこないけど、こんなにムキになって遊んだのは自分だけじゃないと信じたい。
ソリティ馬を発売日に買って1人で盛り上がってから丁度一周年。
その間3DSDLゲームでも、Shizukuとか、実写でちびロボとか、マイティスイッチフォースとか、いろいろお気に入りは出たけど、またひとつ新たなお気に入りがここに加わった!

なんせ、どれくらい必死で遊んでたかというと、PS4のバリアント・ハートというパズル要素のあるゲームを半月前からずっと楽しみにしてたんだけど、購入するのをちょっと遅らせてるぐらい。
こっちもパズル要素があるらしいので、今またパズル系のゲームはきついぞ…と。
UBIソフトの最新作をアークがしりぞけたのは初めてのことだ。

「オーノーオデッセイ」はこんなゲーム。


レトロSF風の世界観で、地球に散らばった「オーノー星人」というやつを助けるのが目的。オーノー星人はレールにそって自動的に転がっていくので、最後にこいつが救出用のUFOのところまで行けばクリアになる。
もちろん重力にまかせているだけでは止まるか落下するかのどちらかなので、プレイヤーはあらかじめオーノー星人の行く先々に、いろいろなアイテムを置いてやる。

DSCF1673 (258x400)

加速する「トウガラシ」
勢いがついていれば壊せるが、壁にもなる「木箱」
よく転がり火につっこむと炎上してブロックを破壊する「オイル」
オイルの効果を消す「土くれ」
ドンキーコングを思わせる「大砲」
他にもいろいろ、面ごとに使えるアイテムの種類と数が決まっているので、あらかじめ設置しておいて、あとはオーノー星人が転がっていくのを見守る。
たまにジャンプや、ちょっとだけ左右の操作ができるところもあるのでサポートしてやらないといけない。


一言でいえば「宇宙的☆ピタゴラスイッチ!」


クリアルートは一通りではなく、どこを通るかを確認しながら何度もオーノー星人を転がして、アイテムの位置を何度も微調整しながら進めていく。
(使わなかったアイテムの数がハイスコアとして記録される)

序盤は、レールがとぎれてたらジャンプ台を置こう、くらいで簡単にクリアできるんだけど、後のほうだともう見た目から想像するのの何倍もシビアで、たっぷり慣性をきかせて落ちていくオーノー星人を見ながら頭をかきむしりそうになる。

DSCF1669 (274x400)DSCF1670 (276x400)
これは割と細かいステージ。大体はもっとスイスイ進んでいく

特に難しいのがファン(扇風機)やアイテムを取った直後の「ジャンプ」「左右移動」でわずかに操作できる場面。
ファンを取ると、左右どちらかに5秒ほど風が吹いてオーノー星人に勢いがつくんだけど、これを使って穴を乗り越えようとしたら、そのまま風に乗って、勢い余って落下してしまったりする。
だからファンの位置をもっと前に調整して、穴を越えた直後にちょうど風が止まるようにすればいい、と試行錯誤が始まる。

最初は「これ本当に行けるのか?」と思うんだけど、何度もトライ&エラーを繰り返していくうちに、白紙だったステージにぼんやりと解放が浮かんできて、最後に全部の仕掛けと操作がカチッとかみ合ってクリアまで行けたときの
「うわっ!行けちゃった!」
この嬉しさを一度味わってしまうと、もうやめられない。オーノー星人は地球から脱出しているのに、地球人である僕がオーノーオデッセイに捕らわれてしまって脱出できなくなる。

その結果が、3DSの画面の前で「キイーーッ!」と奇声をあげそうになるぐらいドはまりして、かろうじてクリアすれば「フオオオウウウーーッ!」と雄叫びをあげ、その直後に「あ…あれ?俺この面だけで30分近くもリトライしてたの!?」と気づくという、まあそんな感じの先日のぼくの夜の過ごし方だったわけですよ。

DSCF1663 (400x241)

でも、自分が2日でクリアできるということは、実はこのゲームの難易度はそれほど高いわけじゃないと思う。
けど、途中の面で何度か「ここクリアできたの自分ぐらいだろ!」って思った。
これって、いいゲーム特有の感覚だと思う。本当はそれほど高い難易度じゃないのに、自分だけが突破したような気になれる。

開発スタッフの技術力も高いのではないか?と勝手に推測している。
オープニングムービーもセンスはともかく立体視は自然だし、ロード時間もほとんど感じなかった。思考中のBGMも、騒がしいとイライラするし、まったりしてると逆にイライラするもんだけど、ほどよく作業のじゃまにならない程度にしてある。

やる前は全く期待してなかったんだけど、3DSDLソフト有数のお気に入りソフトになりそうなので、しばらく画面にかじりついて完全クリアを目指そうと思う。
ダークホースは突然やってくる。夏休みの大作ソフトラッシュにまぎれたオーノー星人を救出しに行こう。1面20分ぐらいかかるので、まとまった時間を用意しておいてからが吉。いいゲームです。
関連記事

コメント

#-

No title

解放→解答
じゃない?

2014年08月01日(金) 11時17分 | URL | 編集

南里 #-

No title

間違えた。
解法です。

2014年08月01日(金) 13時27分 | URL | 編集


トラックバック

↑