インファマスSSが扱った差別

DSCF1535 (440x245)

隣の家に、超いかつい外人が突然引っ越してきた。
今のところ普通に生活しているようだけど、せっかくだから友達になろうか、怖いし何かあったら嫌だから距離を置こうか。

その「超いかつい外人」の側に突然立たされるのが「インファマス セカンドサン」というゲームです。

「あいつらよく知らないけど、強そうで怖い」
って対応されるのは無知からくる差別ってやつで、される側に立つとムカつくでしょ?けどやり返したらもっと大変なことになっていくよ?
という問いかけもちょっとだけ含んでるから、このゲームは単なるB級アクションと片付けられない。

DSCF1537 (440x235)

そんなインファマスセカンドサンの2周目をハードモードでちょっと遊びました。
最初の魚を加工してる工場の緻密さとか、だんだん速く移動ができる能力を覚えていくからストレスを感じなくなっているとか、細かい部分に感心しながら。

ゲーム機に入ってのボス戦は何でここだけこんなにつまらないんだ!とかは改めて思った。
あそこの
「これは面白いことになりそう!」と期待させてから
「えっ、このだるい戦い…なに? ずっとやるの?」
まで上げて落とされる感じは主人公がビルの屋上から放つドロップアタック並みに強烈。

DSCF1540 (440x241)

仲間になるフィッチに殺しはよくないと諭すか、やられた分はやりかえしてやれと堕落させるかを選ぶんだけど、やりたいようにやらせると、最後にフィッチはテレビカメラに向かって、
「あー、これは誰にも理解してもらえない」
というパターンのアピールをしてしまう。復讐の道を選ぶと、最後に待つのは孤独と後味の悪さ。

コメントでご指摘いただきましたけど、ネットと往復して進めるペーパートレイルのイベントは一応日本語化できるんだけど、翻訳風の日本語に直されて雰囲気が変わってたりして、海外プレイヤーが味わった楽しみよりはだいぶ減ってる気はする。

次に買おうか迷ってる「シーフ」もスマートフォンとの連動要素はカットされたらしいので、そこまでのローカライズは難しいのかもしれない。






新作が出たばかりの「カラスは真っ白」のfake! fake!って曲のMVです。
みんなでゲームキューブでたいせんだー かわいい!



関連記事

コメント


トラックバック

↑