3DS→ポケモン PS4→ガラパゴスRPG

3DS→ポケモン新作!
VITA→俺屍2!
PS4→ガラパゴスRPG

PS4で次のRPGを…と思ったらなんだこの仕打ちは!
なんだこのガラパゴスRPGという言葉の脱力感は!

ガラパゴス諸島って、世界の金持ちが旅行に行きたがる超魅力的で美しい場所だと思うんだけど、勝手に日本で名前を使いまくって価値を落としてませんか!?
チャイルドオブライトが、独自の美しい形に進化したという意味で正しくガラパゴスRPGだと思うんだけど、今度のガラパゴスRPGはガラパゴスというよりふつうにアキハバラRPGというか…ええい、ややこしい!

3DSで体験版が配信されたSLICE IT!は前半はとても楽しかったし、今後もこのメーカーの新作が配信されたら絶対買うけど、ちょっと最後の方は残念だった。鏡を使ったギミックはとにかく面倒だし、そもそも、
「アバウトに線を引く人はアバウトでもクリアできて楽しいけど、正しい答えが分かった人はパーフェクトが出なくてイライラする」
という、正しいパズルとは逆のパターンになってしまう。

ゲームの着眼点とか、柔らかい雰囲気、何気に「ワケダス」共に音楽がいい、とか良い点も多いので次が配信されたら絶対買うけどね。
ローカライズしたアークシステムのキャラとのコラボというのは珍しい試みですごく良かった。意表を突かれた。

俺屍はリアルタイムで前作をプレイした。同じ製作者のリンダキューブ(ポケモンより一足先にモンスター捕獲システムを完成させていた)に続いて、この人の声優推しは何なんだろうと思いながらもずいぶん遊んだ。ゲームバランスが良くて、説明書が死ぬほど分厚かったのを覚えている。
リンダはセガサターンで発売された完全版だぜ。のちにちょこっとプレミアが付いた設定資料集付き。

「再び遺伝子(DNA)を並び替える」が「Re-NDA」というタイトルになった。
こじつけかもしれないけど。

でもVITAは買えないんです…
スティックやボタンが小さくてどうしても快適に操作できないんだ…
(コップを握りつぶしてしまうので水が飲めなくて泣いている巨人の図でも想像してください)
関連記事

コメント


トラックバック

↑