SLICE IT!「ワケダス」から「キリダス」

DSCF1447 (254x450)

アークシステムから500円で配信された3DSダウンロードソフト「SLICE IT!」始めてしまった。
この見覚えのある演出といいステージ数といい、知的だけど柔らかく、カラフルなメモ帳や文房具をレイアウトした、女子委員長(美人)の机の上のような画面は…
ちょっと前に他社がローカライズした「ワケダス」のメーカーじゃん!
数学は全然ダメなんだけどパズル雑誌好きとして、これは押さえておくしかない。

DSCF1448 (450x324) (2)

内容は、図形に線を引いて、なるべく同じ面積に分割するだけ。
中学校の先生が言ってた「数学はパズルだと思え」というセリフに「お断りします!」と答えた僕だけど、今、やっとパズルだと思えました。スマホが原作らしいので、学生さんは学校の先生にちょっとやらせてほしい。

完璧な回答を求めるには、たぶん数学の知識がいるんだろうけど、フィーリングでだいたい同じ面積に分けるだけでクリア扱いにしてくれる。

ペンの数だけ直線を引いて、決められた数に分ける。
後半には一部にセロテープが貼られて、そこに線が引けない面も出てくる。
四角形のカドの部分をテープでガードされると、対角線が引けなくなるとか。

DSCF1456 (258x450)DSCF1454 (349x450)


アークの別ゲームのキャラまでちらっと顔を出すのは嬉しかった。こういうサプライズは嬉しいね!
ただし、数学的に回答がきちんと分かった人でも、手が震えてちょっとタッチペンの位置がずれるとパーフェクト扱いにならないので、逆にイライラするかも。
慣れないうちは線が重なって、意図してなかったところにちっちゃい図形ができるミスも多発して、ワケダスほどきっちりしたパズルでもないけど、3DSLL持ってるなら悪くはない一品です。
関連記事

コメント


トラックバック

↑