何やってんの!「NAtURAL DOCtRINE (ナチュラルドクトリン)」難易度大幅低下パッチ配信


>「アップデートファイル1.03」配信のお知らせ
4月24日(木) 午前0時より、「オンラインマルチモードの追加コンテンツ配信」と、
「シングルモードおよびオンラインマルチモードのより快適なゲームプレイを
お楽しみいただくための品質改良」を行う「アップデートファイル1.03」の配信を開始いたしました。

・イージーモードの難易度を大幅に低減し、より幅広いお客様に、まずは手軽にお遊びいただけるよう調整
・ミッション中のチェックポイントを増加することで、ゲームオーバー後の繰り返しプレイを快適化
・その他敵の思考の高速化等ゲームプレイの快適化を図る各種調整や一部症状の改善




私のドクトリン…難易度低すぎ!?(口元を覆いながら)
これは一個人としての感想ですが…なにしてんの、と。

上の改善要素をよく見てほしい。一見問題なさそうに思えますが。
難易度が高すぎると言われたナチュドクにパッチが適用されて「イージーモード」が大幅に簡単になりました。元々理不尽と言われてもおかしくないようなノーマル、ハードモードの難易度はそのまま。

ということは、おそらく僕を含む多くの人が
「難しめだけどこれがいい」
と選択していた、元々のイージーモードがなくなったってこと!

参った参った。
変な宣伝方法で誤解されてるけど、ナチュラルドクトリンって、遊び方が理解されなかっただけで、決して理不尽なゲームじゃないと思う。
ファミコン時代からサターンまでシミュレーションRPGはいろいろ遊んだけど、タクティクスオウガで仲間を欠けさせずにクリアするぐらいがナチュラルドクトリンのイージーに相当するぐらい。確かに難しいことは難しいけど、発売して間もないころにクリアして2周目の配信プレイをしている人もいた。
システムさえ飲み込めば、大勢のキャラと独特のシステムをコントロールして思うように進めたときの快感は凄くて、荒はあるけど部分的にはファイアーエムブレムも超えた意欲作だったよ。でも、これからどうしよう(苦笑)

難易度の大幅に下がったナチュラルドクトリンって、「微妙なキャラがいろんな部族の間をうろうろする、タイトル画面がきれいなゲーム」だよな…
かといって、ノーマルモードはやっぱり難しいし。

DSCF1438 (450x254)
きれい


難易度は下げずに、しっかりしたチュートリアルステージがあれば大きく評価も変わっただろうから、惜しいことしたなあ。海外進出するときには、ちゃんと評価されることを望む。
日本にもまだ、これだけ骨太なシステムを作り上げるゲーム屋がいるんだぞ。




関連記事

コメント


トラックバック

↑