NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)が最高だ最低だ最高だ最低だ

今まで何回も「もう無理だ、このゲーム売りに行こう」と思った。

けれど、独自のシステムをちゃんと活用して、どんな敵がいるのかをしっかり見ていけば、巷で言われてるほど鬼畜ゲーじゃない…
(と、そのとき爆弾持ったゴブリンの攻撃でいきなり死亡)

DSCF1385 (450x214)


…もう無理だ、今での1時間が無駄になった。このゲーム売りに行こう。

と思ったら、「途中からやり直す」の項目が!
さすがに長すぎる面や、予測できない増援と戦うところでは救済もあるのか!
制作スタッフも鬼じゃなかった! 鬼だけど、鬼じゃなかった! やっぱ売るのやめ!


こんな感じで、やるたびに
「このゲームは最低だ! いややっぱ最高だ! ダメだ最低だ! いややっぱ最高だ!」
というテンションで遊んでます。
さっき、ずっと苦しんでいたステージを突破して4人目のパーティ、タチアナが加入。疲労と達成感で胸いっぱい。
願わくばさっきの面が序盤の山場であってほしい。(盗まれた斧を取り返すところ)今後もずっとこの難易度が続くときつい。なんせ1面に1時間、やられたら最初からという緊張感で戦ってたんだから。次のエリアへのドアを開けるたびに、次は何だよ勘弁してくれよ~ってビクビクでした。


前回はシステムの把握だったけど、今日は今まで意識していなかったゲームへの甘えを捨てることでクリアできた。

たとえば味方が死にそうになっていても、
「ま、他のメンバーがいるし、ゴリ押しでも大丈夫だろ」っていこうとしたり、
新しい敵が出てきても
「序盤だから一撃で殺されるような攻撃はしてこないでしょ」って突っ込んだり。
そういうのをやめる。

敵の「最悪の一手」を想定する。
「次の敵がこっちに動いて、あの攻撃で一番弱ってるメンバーを攻撃してクリティカルが出たらゲームオーバーもあり得る。だから弱ってるメンバーは離れた位置に置いて…」と最悪のケースを想定して行動する。

なぜなら、こっちがされると困る最悪なケースをきっちりやってくるのがこのゲームの敵だから。

防御力を上げる魔法を使う呪術師ゴブリンって敵なんか、見事なぐらい「この敵の防御力が上がったら嫌だなあ」ってやつの防御力から順番に強化していく。
何でこいつは、俺が今いちばんやってほしくないことがわかるんだ?
ま…まさかPS4コントローラから手の震えや発汗を読み取っているのか!?というカイジ的な思考になりかけたよ。


とりあえず、購入直後に書いた「難易度調整パッチくれ」は撤回。面白いです。



ミュージックアンリミテッドというアプリケーションで、好きな曲を流しながらプレイできるPS4版がお勧めです。もしかしたら敵の思考時間も機種によって違うかもしれないし。
関連記事

コメント


トラックバック

↑