この見事なフルスイング!「NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)」ファーストインプレッション

DSCF1371 (450x251)


全てのキャラの行動順と攻撃手段を確認して、なんとか敵の遠距離攻撃が届かなそうな位置で、敵がミスすることを祈りつつリトライすること数時間。
やっと2番目に易しい経験値稼ぎ用ダンジョンをクリア!
これでしばらく眠りに付くことができる…みんな…あとは任せた…。

賛否分かれているPS4「ナチュラルドクトリン」をプレイ中。
これは凄い。
国産の据え置き用ゲームで、こんなフルスイングはそうそう見れるもんじゃないぞ!!

DSCF1373 (450x268)


基本は一人づつユニットを進める戦略ゲームなんだけど、数歩進みすぎただけで敵ゴブリンがきっちり完璧なフォーメーションによる連撃を決めてくる。
前線に盾を持ったゴブリンを配置して、それぞれこちらの特殊攻撃をくらわないように絶妙な距離を保ち(広範囲攻撃で複数の敵を同時に攻撃できたことがない)、しかも5体、6体の敵が互いに攻撃力をUPさせるフォーメーションで攻撃してくる。
序盤は回復薬が1面に1回。魔法は資源を消費して使うのでゲーム全体で何回という厳しい制限があって、使っても状況をひっくり返すような効果はない。

イージーモードでも、1人のキャラがひとマス余計に前に出れば即ゲームオーバーは確定です。
ただ、こっちの攻撃が決まったときの快感もたしかで、遊びこめば面白くなるのも本当だと思う。
ベテランスタッフたちが「自分が作りたいもの」に妥協しなかった、デモンズソウル以来の孤高のゲーム。
やる気のなさが感じられるゲームより好感は持てるし、正直応援したい気持ちはすごくあるけど、難易度調整パッチが来ないと普通は1日で投げ出すでしょう。

DSCF1372 (450x245)
「勝利条件:戦っても決して勝ち目はない」

「テンポが悪い」「敵の行動がスキップできない」などのレビューが見られるが、それは問題じゃない。
このゲームで敵の行動が早送りできたら、より敵との位置関係や攻撃手段が確認しづらくなり、単に一時間で10回死ぬゲームが100回死ぬゲームになるだけで根本的には変わりません。
というか、RPGのザコ戦も既読メッセージも全部スキップできて当然、という感覚のない自分には、特別テンポが悪いとは思わない。


プレイ動画配信、評価の高いオンライン要素(不具合のため未プレイ)で
「劇薬」から「尖ったゲーム」くらいまで丸くなって評価されるかもしれない。
数年後にどのような評価を受けているかが気になる。

うん…とにかく…なんだか少し眠いんだ…
これを読んだみんな…あとは任せたよ…

追記:システム解説付き「死屍累々だヨ!編はこちら」




関連記事

コメント


トラックバック

↑