時代はマゾゲーなのか「ナチュラル ドクトリン」

ソリティ馬公式大会の賞品・ラバーストラップが届きました!最近人気者らしい妖怪の方と並べてみた。

DSCF1360 (450x323)
完成度高い!


4月の注目作はPS4・PS3・VITA「ナチュラルドクトリン」
公式サイド

往年の名作「エメラルドドラゴン」や「パタポン」「艦隊これくしょん」等にかかわったスタッフらによる新規シミュレーションRPG。
発売延期を繰り返し、消費税増額直後のフルプライスソフトになってしまったのに加えて、きわめて高難易度になっていて、開発スタッフもイージーモードでプレイしているという情報も。
個人的にはキャラクターがいまいちな感じがするのと、今さらファンタジー世界でいろんな種族が交わって…みたいな話に白けずにいられるかという、自分の趣味、年齢的なものも不安である。

魔法を使える回数はゲーム中で決まっているとか、基本的には仲間がひとりでも死亡するとゲームオーバーになるけど、後半からはキャラが死亡してもそのままゲームが進行して、主人公が死んでも残りのメンバーで戦っていくとか挑戦的な内容で、正直買うのはかなり勇気がいるけど、今PS4で発売予定のゲームの中でいちばん内容が想像できないワクワク感があるのも確か。待っているのは驚きか絶望か。購入予定には入っています。


プレイ中の3DSドンキーは、スライドパッドの使いづらさで落下ミスを繰り返してばかりでつらくなってきた。音楽やグラフィックの雰囲気はすごく好きなだけにもどかしい。
関連記事

コメント


トラックバック

↑