洞窟物語見つからず。PS3のマクロスのPV

洞窟物語3Dを買いにゲームショップへ

三軒回っても見つからず。代わりに置かれていたPS3のマクロスを買おうか迷ったが、結局そのまま帰る。

洞窟物語レビューを見たら、不評でだんだん買う気がなくなってきた(いまここ)


今更マクロスが気になってきた人の話

PS3で「マクロス」が出るんです。
ハイブリッドディスクとかいう仕様で、ゲームと映画が両方入っている。
PS3に入れれば新作シューティングゲームとして遊べるし、ブルーレイプレイヤーに入れれば80年代の映画「マクロス 愛・おぼえてますか」をブルーレイ向けにリマスターしたものを観ることができる。

3DSでも「鉄拳」のゲームに映画をまるまる収録したものはあったけど、明らかに映画の方は豪華なオマケという感じだった。
マクロスは、メインが映画で、当時からのファン向けに豪華な初回特典がついて、本当にオマケでゲームが付いてくる印象。実際に買った人の感想を見ても「過去に観たマクロスより鮮明で、音響も凄い。ただPS3持ってないのでゲームいらない」という、珍しいものになっている。

このマクロスのPVが配信されていたので観たら、なんだか寂しいというか、面白いというか、不思議な気持ちになった。
PS3で配信された最新ゲームソフトのPVのはずなのに「時を越えて、私たちの青春があざやかに蘇ります」
と、若者ではなく(悪い言い方だけど)完全におじさん向けに作ってあるのだ。

深夜の通信販売で、昔の歌を100曲ぐらい集めたCDセットが売られている。
モノクロ映像をバックに「古き良きあの時代に帰りましょう」というナレーションを見ると「いい曲かも」と思う自分と「古いものにしか興味が向かなくなったら終わりだ」と思う自分が両方現れて困惑したりする。
マクロスのPVはそれと全く同じノリで作られているのだ。

けどマクロスって、新シリーズが不評なガンダムよりも良い流れに乗ってるんじゃないかと思う。
ニコニコ動画での盛り上がりを見ると、10代で「原点となる初代シリーズを一度観てみたい」と思うような人はいると思う。特に自分のようにロボットアニメの古典を知らない人間にとっては、断片的に入ってくる情報でなんとなく知ってるガンダムよりも、名前だけは聞いたことはあるが全くイメージのわかないマクロスなる作品に興味がある。

なのに、完全に若者切り捨てで、当時からのファン向けの宣伝をしているということは、
好奇心のある若いアニオタよりも、当時からおたくで今は経済力のある人のほうが多いんだろう。

偉そうに語ってるけど自分も結局買ってねえんだよなあ、なんて思いながらTVつけたらオリンピックが開催されていた。
自分がゲーム屋で悩んでいるあいだ、サッカーで日本が金星を上げてみんな熱狂していたことも今知った。

……。

安くなったら自分のブログから買う↓

関連記事

コメント


トラックバック

↑