ナノアサルト:amazon過去レビュー




スコアアタックのコツが分かった瞬間に面白さが跳ね上がるシューティング。ゲーム歴は長いけど上手ではなかった自分が、人生初の全国1位を奪取して快感に震えた。

販売はサイバーフロントとありますが、実際に製作したのはドイツのシンエン(深淵)というメーカーです。
驚くことにこのシンエン、中心スタッフはたった3人しかいません。
グラディウスを愛するドイツ人兄弟がコツコツ作りました。NDSの「弾爵」はこのゲームの前、前作にあたります。

絵と音楽にチープさはまるでなく、ミクロの世界を覗いている感覚と3DSの相性も良い。
これをたった3人で作ったなんて、言われないと絶対わからない。

スコアアタックで世界のユーザーと競ったり、ゲームコインでBGMや敵のデータを購入したりといった要素もあります。
すれ違いはありません。一人で黙々とプレイしましょう。シューターは孤独です。
ハイスコアを出せばその日時まで記録されるというちょっと嬉しい仕掛けもあります。

という具合に個人的には好きなゲームですが、正直、オススメし辛いです。

特に酔いやすいと自覚している人は気を付けましょう。
このゲームは「マリオギャラクシー」のようなただでさえ酔いやすい球形ステージで、ABXYボタンでそれぞれ右下上左の方向に弾を撃ちます。
さらに立体視が加わることで、ダブルで酔いやすい。

奥スクロールの迫力あるステージもあるのですが、こちらはもっと曲者です。
映像は迫力満点ですが、立体視で敵との距離感を把握しつつスライドパッドを繊細に使いこなして操作しないとあっという間に撃墜されます。
シューティングが上手い下手以前に、3DSというハードに慣れていないと厳しい。

薄暗い細胞上でダニみたいなデザインの敵が動き回り、小さな弾の間をかいくぐってコンボを繋ぐ。
常に一発死の緊張感が漂い、反射神経と、スコアを稼ぐにはどう行動すればいいかという戦略が要求されます。
その間、ミニマムテクノというのでしょうか、重厚な音楽がずんずん鳴り続けています。
作曲者はチップチューンにいち早く目をつけた、その筋では有名な方だそうです。

細かい弾を避けるゲームと聞いただけで「疲れそう」と感じる人は、無理は言いません。他ジャンルで楽しいゲームを探しましょう(笑)
疲れます。酔います。難しいです。でも上達するほど面白くなりそうな雰囲気はあります。

幅広い層には薦められませんが、何か好感を持ってしまうのは、初期購入特典の冊子も含めて
「売れないだろうけど、俺たちはこういうのが好きなんだ!」という精神を感じるからです。
ゲームマニア気質の人間ほど、こんなゲームが今時パッケージで出たということを嬉しく感じると思います。

追記・世界のプレイヤーと競えると書いてあったのに、実際は国内プレイヤーのみのようです。
酔いやすさよりも、スコア稼ぎの分かりづらさがゲームの評価を落としています。
ストーリーモードはチュートリアル。
アーケードモードで複数の敵を同時に倒せばスコアが格段に上がることに気付いて、そのために用意された武器をどう使うか考えるようになって、ようやく本編開始、といった具合です。現在ランキングで競い合っているのは全国で10人くらいしかいません。


かなり支持率の高かった3DSシューティング「ナノアサルト」買ってすぐのレビュー。
しかしこのゲームについては、まだ語り足りない。
ストーリーモードとやってることは同じなのに、スコアアタックに挑戦すると面白さが跳ね上がる。
2012年6月現在、スコアネームMINAMIATO、多数のステージで国内1位にいる。というか、誰も挑戦者がいない。
関連記事

コメント


トラックバック

↑