PS4インディーズ軍団その2!「Don't starve:ドントスターブ」

PS4ダウンロードゲーム「ドントスターブ」1500円で購入!
インディーズゲーム界の尖りっぷりは鋭い。うっかり触れるとケガする。
初めて金を出したPS4ソフトは「荒野に一人で放り出された人が、なんとかしてあと数日生き延びるゲーム」でした。

DSCF1254 (550x317)

マニュアルがなかったり、日本語訳がおかしかったり、バツボタンが決定だったりするローカライズの雑さは、次に用意されるゲームでは改善されていくことを期待したい。
このゲームの場合では、英語版をなんとか遊んでいる人も多いくらいなので翻訳のひどさも、むしろ手さぐり感が増していいかも?

DSCF1255 (550x327)

主人公は、悪魔的な人に突然荒野に放り出されるところから始まる。
今回は、精神状態が悪くなるとこれから毎日家を焼いてしまう癖のあるウィローちゃんで遊ぼう。萌え系4コママンガのキャラが驚いたときみたいな白目になってますが、これがデフォルトです。

DSCF1266 (550x407)

DSCF1261 (550x395)


世界は「風来のシレン」みたいに毎回違う構成になっているので、歩き回って木の実を食べたり、草や石を拾ったりする。
体力がなくなったり精神力が限界になったり夜になって真っ暗になると死ぬ。
精神力が弱くなると視界がぼやけたり幻覚が見えたりするけど、花をつむと回復。
夜になる前にキャンプファイヤーができたら、明かりの届く範囲で木を切ったり、松ぼっくりを火にくべて火力を保ったり、普通なら食べられない肉やベリー。(なぜか句読点が付いている)を焼いて明日に備える。

そんな感じで珍しい生き物を見たり探検したりして、サバイバル術を学んでいけば最終的には食糧を貯蔵したり装備を整えたりして100日ぐらい生きることができるらしい。

…という感じのゲームであることを、人のプレイ動画を見て知りました。ふつうは、何の説明もなくいきなり放り出されて、わけもわからず死ぬ。


DSCF1263 (550x322)
死ス!

木を切るコンコンという音と、火がパチパチ爆ぜる音がリアルで気持ちいい。チクチク単純作業をしてアイテムを集めるだけで楽しい人にはたまらないゲームだ。
繰り返しプレイするごとに、この素材を集めればこの装備品が作れるとか、小動物を捕まえるには罠を作る必要があるとか、少しづつ生き延びるコツが見えてくる。
どう頑張ってもちょっと生きながらえるだけなんだけど、各自で楽しみ方を見つけて少しでも長く生きよう!

DSCF1265 (550x320)
行動範囲が広がると、ヘンな動物たちや儀式らしきもののあとを見つけたり、使い道のわからないアイテムが見つかったりする。
すごく楽しんでいるわけじゃないんだけど、子供のころにゲームに触れたときの、手さぐりで未知の世界を冒険する面白さもある。ふっしぎな味わいのゲームだなあ。
関連記事

コメント


トラックバック

↑