母上の誕生日プレゼントを買わないといけない

母の誕生日になると、離れて暮らす家族も集まって、気持ちばかりのプレゼントをするようになっている。

プレゼントは、たいていCDとか本とか健康グッズになる。(高価なものや本当に必要なものはきちんと計画して買おうという方針)

うちの母が好きな本が、エッセイなんですよ。僕のエッセイ好きとは全く関係なく。
それも、年寄りが出てくる本が好きなので非常にわかりやすい。
漫画太郎のババアとかじゃないです。
年齢を重ねても、こんなに素敵に生きている…という本が好きなんだそうです。

それでアマゾンで探したら、凄いのあった。「好奇心ガール」。
出版当時97歳。現在100歳くらいでしょうか。いくらなんでも人生の先輩すぎないか。レビューを見た感じ大丈夫そうだけど。




ところで、両親とは全く性格が合わないと思っていたのに、年を取ると趣味や性格が若干親に似てきたところがあって、なんか温かいような、軽く恐怖を感じるというか、不思議な気持ちになります。

現在の父の趣味が映画と海外の刑事ドラマ。
母の趣味が読書と、雑誌とかのパズル。
インドア家族!
関連記事

コメント


トラックバック

↑