「メタルマックス4」クリアレビュー!

「メタルマックス4」クリアレビュー!
DSCF1079 (430x356)
通常版と限定盤共通のオマケだった別パッケージです。今からでも注文すればついてくるかも。



70時間以上かけてエンディング見ました。一部のイベントや、クリア後に追加されるイベントやボスもあるようなので、(課金のやつじゃないよ)ゆっくり味わっていきます。

DSCF1128 (430x252)
インパクトがあった敵その1。デザイナーの精神状態を心配したくなる宇宙ニンジン。


DSCF1112 (400x251)
一番笑ったセリフ「今週のターゲットはあなたです!」
そして実在の声優アイドルがモデルになってるお姉さんをバズーカで撃破。


DSCF1119 (430x265)
一部で心配されていた課金コンテンツだけど、過去作のボスと2の「マリア」以外にはさほどそそられず。


DSCF1120 (307x430)
だって、リアルマネーで400円で売っている武器が、ふつうにそのへんで手に入るし。
課金した者はサポートされるけど、それだけで勝てるわけじゃない設計。さすがわかってる。


DSCF1114 (430x267)
インパクトあった敵その2。ちなみに、ふつうのザコキャラです。


DSCF1122 (430x272)
クリア時の戦車はこんな感じ。一昔前のベッキーの携帯みたい。


序盤の時点では、「もう日本のRPGは自分に合わない」くらいに思っていたのに、ここまで尻上がりに面白くなったのは初めてです。
リアルタイムで遊んだドラクエ、FF、どれもいいゲームだったけど、ここまで純粋に先を見たいという気持ちで引っ張られることも、気が付いたら徹夜していたということもありませんでした。

メタルマックスは、オープンワールドのゲームみたいに荒野をうろついて、どこに行っても変な敵やアイテムや人が待っているというゲームです。それが70時間途切れない。
個々のイベントの質は低いのもあります。バランス悪いどころかカオスです。このごちゃ混ぜ感は、過去作のクールさとはほど遠いし、初心者は戦車のシステム回りに戸惑うでしょうが、基本的なルールさえ理解できれば大丈夫。
遊ぶうちにどんどん欠点が気にならなくなり美点が目立ってきます。

「女性」と「建築物」が魅力的。この世界の女は強くてしたたかでどんどん情が湧いてくる。男性パーティーの存在感は薄め。
東京タワーや凱旋門が変わり果てた姿になって、それでも人が巣を作るように群がっている光景に、ぞっとするけど人間のたくましさを感じます。壊滅した世界を悪趣味に描いているだけじゃない。

ダンジョンは難易度低めになってもボスの強さは健在。
ただし、負けても「撃墜率」が表示されることで、再挑戦するか後回しにするかという次の行動の目安になるので、結果として詰まることは少なくなります。

戦闘は一発の緊張感が薄くなり、その分テンポの良さと爽快感が増した味付け。人間用武器を3つ持てて、敵の数や属性ごとに使い分けできるのはマル。音楽もいい。
僕は新作なので新キャラだけを使ったけど、旧作に思い入れのある人なら追加課金で昔のキャラやボスも追加可能。課金アイテムはレア度も強さもなくて意図が不明。

まとまりの良さを捨てて、次々と刺激を提供してくれるゲームです。今年のナンバー1。


この価格差なら、サントラと漫画(公式サイトで視聴可)に価値を感じなければ通常版がオススメ。



やっぱりこういう好き嫌いのわかれる作品は応援したくなる。あと1か月以上あるのに今年のベストと言い切るのはどうかと思うけど。
ソリティ馬のサウンドトラックはゲットできずでした…残念。でもメタルマックスともどもしつこく応援していきます。次回大会に向けてみんなもお馬さんを育てよう!
関連記事

コメント


トラックバック

↑