アンサー社の3DSLL専用グリップを使ってみた

3DSLLを買ってからずーーっと不満だったけど、自分以外に同じことを言ってる人がいないので我慢してたことがある。

あれ、音量調節のツマミに指が当たりませんか?

僕は当たります。ちょっと力を入れて持つとすぐ無音か最大音量になるし、わざわざ買ってきた金属タッチペンは錆びるし(笑)で、キー操作もタッチペンもどっちにしても不満があって、新型VITAさんに買い替えようかと思ってはソフトラインナップを見て冷静になって…を繰り返していたんですが、先日3DSLL用グリップを買って無事に解決しました。

DSCF0910 (400x280)

DSCF0911 (400x300)


グリップにガチャンと本体をハメ込むだけで、とても持ちやすく、そして重くなって、どんどん時代に逆行してます。イヤホンも使える。背中にガッチリ取り付けるタッチペンが今度は折れたりしないか心配ですが。

子供の間では小さいほうの3DSが人気らしいし実際あっちのほうが「キチッ」と持てるけど、LLの大画面だと立体視をONにしたときの深さと広さが増すので、今更元にはもどれない。
(海外で2DSなるものが発売されて、立体視やっぱいらねえんじゃん、というコメントをした人はおそらくLLじゃない方を持ってるんだと思う)
同じような環境の人にはグリップを使ってみることをオススメします。

しかし、この無骨さ、黒さ、自分の手に余る感じ…
なんかこの感覚、過去にも体験したことがあるような?
と思ったら、子供のころ親戚のお兄ちゃん家で遊ばせてもらった、メガドライブのコントローラでした。



関連記事

コメント


トラックバック

↑