俺はロボットじゃない

中年になると布団から「お父さん」の匂いがするらしい。

僕も最近になって、寝る前になんだか独特の匂いを感じるようになった。

布団に入って軽く本を読んだり3DSやったりすると、どこからともなく古い十円玉みたいな匂いがする。枕からか。自分の体から出ているのか。空気中に漂っているのか、わからない。

わからないけどきっとこれは加齢臭というやつだ。独特の匂いに感じるのは自分だけで、他人から匂えばきっとどこにでもいるおじさんの匂いになっているのだ。
そのことを冷静に受け止めることが肝心だ。
自分の老化から目をそらさず、落ち込まず、ちゃんと身だしなみに気を配って、だらしない大人にならないようにしよう。


と思いながら手元を見たら、3DS用に買った金属製タッチペンが錆びて異臭を発していた。

DSCF0839 (450x236)

異臭の発生源はこれかー!
どおりで、寝る前にソリティ馬やったあと、手から独特の匂いがすると思ったんだよ!
匂いの原因を調べようと思ったらその時にはすでにタッチペンは3DS本体に収納されていたという。完全犯罪だ。

ていうか、なんで「金属がさびた匂い」を加齢臭だと思ったんだろう。
年齢とともにこの匂いが出てくるやつがいたら、そいつは完全にロボットじゃないか。大昔のアニメにでてきそうな、手が丸みを帯びた「Y」みたいになってるやつ。

敵の攻撃を受けて関節からシューシュー煙を出してるところを仲間に助けられて、
「ナ、ナゼ、ワタクシを、タスケルのデスカ…?」
「なに言ってるんだ!僕たちは、仲間なんだから、助けるのが当然じゃないか!」
「コ、コレが…ニンゲンのもっている…ココロ…?」
と、目からポロポロと流れるはずのないオイルを流して、人間らしい気持ちを理解するロボットじゃないか。

良かった良かった。いち早く原因を突き止めることができて。




自分がロボットではない証拠に、最近また音楽や本が楽しくなってきています。
今気になっているのはコレら。



大学生のバンド。今のJPOPってこんなことになってるんですね。
どれも洗練されてて、中高年レビュアーから称賛の嵐。無理してかっこいいバンド名をつけたり、カタカナ英詞を叫ぶことが逆に恥ずかしいという、そういう時代だ。今は。
関連記事

コメント


トラックバック

↑