ブルボン小林の本には、人気レビューブログのヒントが詰まっている

ブルボン小林の「マンガホニャララ」というマンガ解説本を再読中。
こんなに面白いこと書いてたっけ、と驚く。自分もこんなことが書けるようになりたい。

新作ニュースを集めるだけじゃない、ひと味違うゲーム・マンガレビューブログを書きたいと思ったら、ブルボン氏の著作にそのヒントがある気がする。別に「ひと味違わない」ゲーム・マンガブログも好きなんですけど。

この本にはワンピースのことも進撃の巨人のことも書いてない。
たとえば「コボちゃんとかりあげクンの決定的な違い」についてとかだ。その前に、かりあげクンがどこにも売ってないし誰も読んでないことに困惑してたりする所から始まるのも面白い。
コボちゃんはたまにネットでネタにされるけど、かりあげクンも
「タンポポの綿毛を全部吹き飛ばして、残った軸も風船にくくりつけて飛ばす」だけの回とかあるらしい。いい。

マンガ版の「がばいばあちゃん」の冒頭で、カマを持った老婆の後ろ姿から始まるのが怖すぎる、ということで実際にその絵が掲載されてるんだけど、これも見るたびに笑ってしまう。

こんなことを書きつつ、通ぶってメジャー作品をけなしたりしない態度もリスペクトしたい。
ブックオフでよくブロック状に固められて売られているサザンアイズを始め、黒子のバスケ、にんしんゲーム天国、バーチャファイターを作った男たち、などをちゃんと読んでちゃんと楽しんでいる。
食わず嫌いせずになんでも拾っていく精神を見習いつつ、明日は本屋に寄ってみようかな。
関連記事

コメント


トラックバック

↑