「ソリティ馬」リーゼント馬とくのいち馬に乗りました

何度もG1で勝利すると、馬主さんから信頼されてきたようで、「ぜひこいつに乗ってみてくれ」といろいろ変わった馬を紹介されました。優勝するごとに違う記念写真と馬主さんのコスプレがあるのは面白い。

坊ちゃん!
DSCF0803 (400x219)
生まれたての子馬の時は、まるで生まれたての子馬のように震えていた坊ちゃんがこんなに立派になって…。


番長!
DSCF0802 (400x230)
お前は腐った馬肉なんかじゃない!最初のレースで出走直後に暴走してしたお前が、まさかオークスを制覇するようになるなんてなあ…。


くのいち!
DSCF0797 (400x245)
一番派手だけど。忍んでないけど。
カードのめくりミスを防ぐスキルと、最後尾からの鮮やかな差しっぷり…。リーゼント馬からこっちに乗り換えたときは、なんて使いやすいんだと感動した。


ルールさえ把握すれば、そこいらの大作ゲームを何馬身も離した面白さの「ソリティ馬」プレイ日記だヒヒーン。
前回はルールの細かいところまでは把握してなかったけど、もう大丈夫だ。とりあえずチュートリアル役のソリティ馬くんは最初の説明とレース後のアドバイスの語彙をもっと増やすようにしようか。

とりあえず、白いゾーンに常にいてスタミナを温存すること、
序盤のレースではなるべくカードを集めることを意識すること、
馬によって違う「ピーク」をすぎたり、コーナーでイン側に入れなかったり、馬の機嫌が悪かったり…悪条件が重なるとソリティアの制限時間が厳しくなるので、そのときはわざと、一番白い部分ははずして簡単目なソリティアでパーフェクトを狙ったほうがいい。文章じゃ全然伝わらないですよね…何度もプレイするとだんだんわかってくるんだけど。

DSCF0792 (300x400)


競馬用語も解説します!と言っておいて大仏の解説が挟まるなど、あいかわらずフリーダムなゲームだから、誰かわかりやすいルール解説ページか動画を作ってくれたらいいんだけどね。
あと、この先輩ジョッキーが速さを求めるあまり、アイテムのニンジンを自分で食べちゃって走り出すという一連のコントは、しょうもなすぎてちょっと好き。

DSCF0799 (400x253)

今乗っているのはコイツ。謎の大仏推し。
ピークタイム5~6というのは長距離レース向き(ソリティア5、6回目で本気を出す)。
長距離戦では1回でもソリティアで大量にカードを残してしまうと命取りになるので、少々疲れる。仏さんのようにマッタリ行こう。マッタリと。
関連記事

コメント


トラックバック

↑