15年間続くカルドセプトのダイス問題、手札オープンの意味

004_20120630015431.jpg
勝てネエ

ストーリーは終盤だけど、ネット対戦では見事に逆転からの追い討ちで魔力枯渇まで味わい、相手がいるもんだから電源切るわけにもいかず30分間の生き地獄を味わいましたとさ。

そんなカルドセプト、さっき評判を見ていたら「コンピュータのダイスの出目がおかしい気がする」という感想が複数あったので笑った。
実は初代カルドセプトが発売された15年前のセガサターンマガジンを買っていたんだけど、そのときから
「相手が自分の領地を飛び越えて、きれいに何もない場所に止まった。ダイスが操作されているんじゃないか」
と言われていたのだ。スタッフは、一定の条件下で偶数と奇数が交互に出るバグのあった「カルドセプト サーガ」以外はずっとランダムだと主張して、なんと自分の作ったゲームの出目を記録してまで答えている。
俺は全く考えたこともなかった。コンピュータ上のダイスなんて「おかしいかも」と思えばおかしく見えてくるものだし。


それより気になるのはこれ!
「何でカルセプの手札はオープンなんですか問題」

カルドセプトで相手の手札が見える意味がいまだにわからないのです。
麻雀ゲームなんかだと相手の牌が見えない状態だから、インチキしてたりするらしい。
ダイスの出目で15年間疑われるようなゲームだ。相手カードが伏せられていたら、それこそインチキを疑われるだろう。だからコンピュータ側のカードも見えるようにした。そういう仕様にするしかないもんだと思ってた。

だけど、てっきりネット対戦だったら互いの手札は見えないものだと思ってた。
…見えるんですね。
しかも、相手が選んでいる間にちらっと。
これ、何なんだろう? 素早く相手の手札を確認するのも面白さのひとつ、ということになってるのか?

e3-81-a6.jpg
夏だから…オープンなのです(意味深)


手札が見えるから、
相手が知らないであろう強力なレアカードを取り出すワクワク感もないし、何より勝負を決める通行料の高い土地の闘いで、攻撃側にアイテムがあるかどうかを守備側が確認できる。
その状況にもっていくまでが熱いんであって、勝敗はその闘いが始まると同時に決している…ということなのか。見落としているだけで、カードを伏せて闘うモードでもあるのかな。

カルドセプト。
いい試合のときと悪い試合のときの差が激しいな。
途中で相手との通信が途絶えるとそれまでの戦いが水の泡ってのだけはどうにかならないかなあ。

o0341023610425481540.jpg
「サーガ」で出目がおかしいと気付いた人って凄いと思う。
1回振るたびに考えることがあるから、普通に遊んでたら法則性なんて気付かないって。




関連記事

コメント

名無しさん@ニュース2ちゃん #-

笑う意味が分からんが
あからさまにあるだろ


”スタッフは、一定の条件下で偶数と奇数が交互に出るバグのあった「カルドセプト サーガ」以外はずっとランダムだと主張して、なんと自分の作ったゲームの出目を記録してまで答えている”

↑その検証だが平均で大きな数字が出るのでは、止まる位置が偏っているのではという、さして重要とも思えないものの検証であり
CPが高額の土地を踏まない、プレイヤーはその逆という
問題の核心については何故か触れずじまい

おまけに検証数も少なすぎる
そもそも開発側が出した数字など信用できる理由も無い

いかさまなしで自然に人間に勝つというプログラムは難しいんだろう

いずれにしろ、こういうお粗末な検証を提示してきた会社だ
いかさまが無いなどと誰が言いきれるのか
むしろ疑わしいだけだ


公式は嘘を言わない思い込む人間は、原発推進派が言ってることをまるまる信じる人間と似てるな

こういう感じの人間が多いというのも、日本が原発大国になってしまった理由の一つだろう、まぁ関係ない話だがw


2013年12月15日(日) 15時30分 | URL | 編集

#-

No title

ただいまPS2のカルドセプト セカンドエキスパンションをプレイ中・・・・・・ライバーン(ストーリー2度目のライバーン参加で三つ巴戦)さんが、何かダイス目を制限する呪いを受けた時以外、ダイス目全てが・・・もう一度言おう。「全て」4~8の数字なんだがwww1~3ぇ・・・ちなみに長期戦だった。偶然か? もはや偶然って何だw

2015年03月09日(月) 22時28分 | URL | 編集


トラックバック

↑