ゲリラ豪雨

最近、全国的に急な大雨があったみたいで、ツイッターやブログで「ゲリラ豪雨」という言葉を何度も見たけど、個人的には、まだ「ゲリラ豪雨」という言葉に慣れてない。

「地デジ」「スマホ」という言葉も最初は違和感があったけど、「ゲリラ豪雨」にはもっと毅然とした態度で接していきたい。

夕立とかスコールとか、似た感じの言葉でいい響きの言葉はたくさんあるはずなのに、その地位を押しのけて「ゲリラ豪雨」が出てくるのはおかしい!


だいたいゲリラって地上に潜んでいるイメージじゃないか!

ためしに、草木の適度に茂った、どこに敵が潜んでいるかわからないところを歩いている友人に
「危ない!ゲリラがいるぞー!!」
と声をかけてみてほしい。
その友人は、反射的に上を見ることはないはずだ。
そして、その友人との関係も今後ギクシャクしてくるはずだ。

ゲリラ野郎め、いつの間にか俺の目をすり抜けて浸透してきおって…



パスピエいいね!はまった!
関連記事

コメント


トラックバック

↑