ファミコン時代のジャンプゲーを集めた「Jレジェンド列伝」発売!

なんでこんなものが発売されてしまうのか…どれだけ懐古主義のファミコン世代でも「これはちょっと」と苦笑いするしかないジャンプゲーを集めて3DSソフトとして発売!
Jレジェンド列伝公式サイト
なんでこんな、おっさんゲーマーが美化して良い思い出として片づけていたものを引きずり出して「ホレホレ、お前ら、最近のゲームはつまらないとか言ってるよね? 北斗無双とか、ワンピースとか、聖矢とかを微妙だって言ったよね? これを直視しろ、これをやりながら、今のゲームはダメになったってもう一度言うてみい、ホレホレ」と突きつけるような真似をするのか。

嫌がらせだろうか。

それも、現時点で発表されているタイトルは、まだジャンプゲーの中でもマシなほうのはず。アックマンとかは面白いと聞いた。
他にファミコンからスーファミにかけてのジャンプ原作ゲーといえば、やたら乱発された「北斗の拳」はじめ、権利関係で出るかどうかはわからないけど、どえらいもんが多数残っているはずだ。システムといいグラフィックといいサウンドといい、マンガ原作ゲームの中では奇跡の存在だった「キャプテン翼」が立体視で遊べればそれだけで買う価値はあると思うんだけど、あれはテクモだった。
「幽白」や「たるるーとくん」も評価は高いんだけど収録されないだろうし。

ああ・・・これを書いているうちにも、昔の北斗ゲーをやったときのトラウマが蘇る・・・
敵にパンチを当てると、不自然な合成音声で「アベアベアベアベ」と断末魔をあげて砕け散る、あの敵キャラたち・・・
どんな遊びにも付き合ってくれた親友が、ゲームボーイの北斗の拳をやったときだけ目が死んでいたなんてことも・・・

他にジャンプ原作のゲームを調べてみると、
ぴょいぴょい飛び跳ねてた記憶しかないキン肉マンマッスルタッグマッチ、ラーメンマン、ろくでなしブルース、360円で買って怒る気すら湧かなかったスーファミ版ジョジョ、コブラ、ラッキーマンのボードゲームのやつ、見た目だけにもほどがあるスラムダンク…

プレステサターン時代までOKなら、るろうに剣心とか、ビックリするぐらい話題にならなかった両さんのボードゲームとか、一気に遊んでみたいものが増えるな。

なんだろう。なんかワクワクしてきた。



20分なのに耐久動画と化しているラッキーマンプレイ動画を発見。話が全くわからない。
関連記事

コメント


トラックバック

↑