実写でちびロボ! プレイ2日目

実写でちびロボ!プレイ2日目。

DSCF0641 (475x286)


この写真で何を撮ったのかわかった人がいたら凄い。

正解は、
「四角い物を撮らないといけなかったので体重計を撮ったらゲームキューブに変化したんだけど、液晶部分が奇跡的にビジュアルメモリっぽくなったので最終的にはゲーム機っぽく見えなくもないけどやっぱり体重計」でした。



実写でちびロボ!プレイ時間7時間突破。

予定していた地球防衛軍デビューも、ニノ国の続きも、全部中止になりました…
はい。予想通りちびロボ!にはまったよ。
最初の3時間くらいで一通りキャラが出尽くしたみたいになって、
「ん?このゲーム、もう終わりっぽい?」
と思ったんだけど、そこからまた新しいキャラや場所が出てきたりして、面白さにブーストかかってきた。単純にミニゲームのクオリティも高い。
「写真の中にゲームキャラが登場する」ってだけの一発ネタ的なゲームじゃないということはちゃんと書いておかないといけない。

ギッチョマンの主題歌が流れる射的ゲームもいいけど、特に料理の素材を持ってくるクイズが好き。
最初に簡単な問題を出しておいて、
「子供に人気がある3DS用ゲームだから、簡単な問題ばかりにしないといけなかったんだな」と思ったところで、いきなり難しい問題を出された。頭のいい出題者にまんまとやられる快感。

DSCF0635 (475x289)

「この中から牛カルビを持ってきて」という問題では、プレイヤーが普段いいものを食ってるかどうかが難易度を左右する。


それと、プレイしているとわかる致命的な欠点も出てきた。

部屋で写真がうまく撮れない。

正確に言うと、ゲームの欠点というのはちょっと間違いで、安いデジカメは部屋の蛍光灯の光ではうまく写真が撮れません。3DSのカメラも残念ながら安いデジカメに入る。
人間の目は超高性能レンズなのでオートフォーカスの上に薄暗い中でもくっきり物が見えますが、安いレンズできれいな写真を撮るには充分に明るい太陽の下などで撮影する必要があります。
…でも、太陽の下に持っていくと今度は液晶画面が見えづらいはずなので、適度に明るい部屋じゃないと肝心の写真が撮れない。
自分の場合は、多少の欠点があっても他に新しい要素があれば充分許せちゃうんだけど、真面目な人だとイライラするかも。


関連記事

コメント


トラックバック

↑