20年振りにマリオやったら、マリオが三角跳び使ってて衝撃

買ってきた買ってきた。
久しぶりの3DSパッケージソフト「スーパーマリオ3Dランド」を!
これとカグラはゲーム売り場に行くたびに視界に入ってきて、そのたびに買おうかどうか考えていたのだ。

僕のマリオ遍歴は、ファミコンのマリオがいつの間にか家にあって、スーファミのマリオワールドは友達から借りて…
その後はセガサターン、PS2、PS3だから、考えてみればマリオをちゃんと買った記憶がない!
ゲームボーイアドバンスでヨッシーが主人公のやつをちょっとやった記憶はあるんだけど、マリオ自身を操作するのはスーファミの「マリオワールド」以来20年ぶりぐらいかな。

マリオ3Dは、プレイ動画を観たことがあったのでどんな感じかは知ってたんだけど、スライドパッドを使って3Dアクションゲームは初めてということもあって、操作に慣れなくてもたもたしたり、距離感をつかめなくて何でもないところで穴に落ちたりしまくってる。
横スクロールのアクションゲームをいっぱいやったから、ゲーム全般が上手くなったように錯覚してたけど、そうでもないな。
あと、20年振りともなるとマリオさんがだいぶ変わってたから驚いた。

まず、「ものすごい陽気!」
僕の知ってるマリオはドラクエの主人公と競り合うぐらい喋らないイメージで、普段は寡黙な配管工だけど、ステージクリアのときは喜びを隠しきれずヒャッホーイって言うぐらいだと思ってたんですよ。
そしたら、マリオ3Dでは最初からわっほいわっほい言いまくりじゃないですか。
あいつ変わったよ。
変わっちまったよ。

そして「壁蹴りジャンプ使ってる!」
ワールド4まで進んだけど、じつはまだマリオが壁を蹴ってジャンプできることに馴染めない。2段ジャンプと壁蹴りジャンプは難しいアクションゲームの象徴みたいに思ってたので、まさかマリオがこんなテクを習得しているとは。
どのくらい違和感があるかというと、スト2のリュウの新技がピストルで銃撃だった、ぐらい違和感がある。(たとえ下手)

あとは3D表現が見やすくてチラつかないのは実機でプレイして初めてわかった。
僕の好きな「フロッガー3D」は立体感が恐ろしく深くて、立体感MAXにすると3DS本体を突き抜けてるんじゃないかと思うぐらい、主人公のカエルが奥のほうにいたんだけど、マリオはそんなこともなくて、さりげなく高い技術が使われてる感じがする。
まだ本格的に楽しむのはこれからなので、隙間を見つけてやっていこうと思います。



シンプルを突き詰めた傑作。フロッガー。
関連記事

コメント


トラックバック

↑