「コロケス」購入しようとして思わぬ障壁が

本当は今ごろ、3DS用に配信された「コロケス」っていうゲームをやってるはずでしたが、突然のメーカー側からの攻撃行為により、レビューは中止となってしまいました。

というのも、コロケスを配信直後に買ってやろうと待ち構えていたんですが、
「ひとまずプレイ動画を観てからにするか」
とプレイ動画を再生したら、
タイトル画面に使われている曲が、以前に散々苦しめられた「ハッピーオーシャン」ってゲームで使われてるのと同じ曲だったんですよ。

リアルに「うわっ…」て顔をしかめてたよ。過去のトラウマが呼び起こされて…
こんな不愉快なことがありますか!
もうちょっと運動神経が良かったら、反射的に3DSを壁にぶん投げているところだった。

代わりに、PS3で配信中の「地獄だい好き HELL YEAR」ってゲームを買いました。
カートゥーンでスプラッタでヘビメタで2Dアクションでセガで洋ゲー。
ありとあらゆるC級カルチャーを発酵させて作ったみたいなゲームで、お薦めはしないけど好き。

前に買った「スカルガールズ」もそうだけど、昔の日本のゲームのパロディがいっぱい出てくるんです。
本当に日本のゲームって愛されてて、レベルが高かったんだなあ…。
関連記事

コメント


トラックバック

↑