総プレイ時間9時間の死闘!「たまご大冒険」全レシピ開放!

今回の記事には3DSソフト、たまご大冒険のネタバレが含まれます。最後のレシピまで自力で見たい方は閲覧をご遠慮下さい。

DSCF0425 (450x278)

たまごの主人公がやられるたびにタマゴ料理にされるのが面白いというだけで買ってしまった3DSソフト「たまご大冒険」。
見た目通り、序盤は大した難易度ではないと思われた。いや、クリアしても大した難易度ではなかったなと思った。
ただ、たまご料理の一覧を見ると、最後のひとつだけが空欄のままだ。

全ての敵の攻撃をくらったはずなので、あとひとつの料理を見る条件としては、おそらく隠しアイテムの「ゴールドエッグ」を全て集めるか、全ステージ全難易度でのクリアだろう。
「せっかくここまできたんだし、完全制覇してやるか!」
これがトータルプレイ時間9時間越えの死闘になるとは、想像もしていなかった…。


まずは、これまでのプレイで得たポイントを注入してタマゴの固さやスピードを強化!
最初は「ふれたら割れる級」だったタマゴが、最大限まで固くなって得た称号は……


DSCF0443 (450x209)

バキュラ級
たしかに、ダイアモンド級より固いものはこれしかあるまい。
わからないみんなはゲーム好きのおじさんかお父さんに聞きましょう。



DSCF0452 (450x274)

さあ、バキュラ様が通るぜ!どんな攻撃も通じまい!!



DSCF0449 (450x274)

グシャッ。
うぎゃーーーーっ!!


DSCF0440 (450x272)

突然の死


これぐらいでくじけてはいけない。
説明書によると、各ステージにある「ゴールドエッグ」を探せば何かがあるということなので、ひたすら探した。
あやしい穴があれば落っこちてポーチドエッグになり、登れそうな壁があればぶつかってオムレツになり、どうにか全ゴールドエッグ獲得。難易度は関係なかったようだ。助かった。

全ステージでゴールドエッグを取ると、隠しステージ「スカイガーデン」が現れた。
名前でイメージする通り、動くリフトを乗り継ぎながら進んでいくアスレチックステージなんだけど、クリア自体は30分ほど試行錯誤すればなんとかなった。

だけど、それでも最後のたまご料理がオープンされない。まだやってない死に方なんかあったか?と思いながらステージを観察すると、リフトから落ちる途中に、最後の最後のゴールドエッグが画面端に見えた。

あったぞ!!あれを取れというのか!!

そこからはひたすら悪戦苦闘。
タマゴは、最高速でダッシュすれば「雲」に乗れる。

DSCF0452 (450x274)

この場面では、ジャンプでも行けるし、ダッシュで雲の上を走っていくこともできる。
雲の道をひたすら進んでいけばゴールドエッグのあった場所に行けそうだ。
だが、その前に大きな問題がある。最高速まで加速するための平坦な道が無いのだ。

ならば映画BTTF(バックトゥザフューチャー)のラストシーンのように、空中で加速すればいい。
BTTFのタイムマシンは車型で、加速するための道が必要になるが、ラストで未来からやってきたタイムマシンは空を飛んで加速していたのだ。

あれを応用して、たとえ平坦な道がなくても、空中で加速すればいい。
短い道しかなくても、道の端からジャンプ→勢いを止めずに壁蹴りしてまた同じ道に戻ってくる→また短い道を走る→最高速まで加速できる。
名付けて「BTTF式たまごダッシュ」の誕生である。


本当はそこからも、なぜか雲の道の途中にチェーンソーがあって錦糸たまごにされたあげくスタート地点まで戻される地獄が待っていたんだけど、ここでは多くは語るまい。
とりあえず、最後のゴールドエッグを取って、最後のレシピも出した。




DSCF0445 (450x270)

究極のたまご料理は、みんな大好きなこの料理。
子供のころ読んだクッキングパパで、年配の人が思い切ってオムライスを注文して照れるシーンは今でも覚えています。
東南アジアにある、孵化寸前のヒナが入ってるやつが出てきたらこのゲームは伝説になる…とひそかに期待していたんだけど、さすがになかった。
関連記事

コメント


トラックバック

↑