10年聴けるアルバム、キリンジ「Ten」



キリンジ「Ten」届く。

1曲目の「きもだめし」から

桜の木の下に埋もれてみるか
君の美貌が吸われてゆくよ


ずいぶん楽しげに怪しげなことを歌いだすので、嬉しくなってくる。
ポジティブな曲はあえてシンプルに。ネガティブな要素は控えめに。17年活動してきたキリンジというデュオの、ひとつの区切りとなる作品です。
このアルバムからは兄弟はバラバラで音楽活動をやっていくそうです。

そんな重要な時期でありながら、皆さんこれまでありがとう的なアルバムではなく、心地よく何度も聴ける作品をさらっと提供してくれました。
実はシングルカットされた曲だけを聴けば前作、前前作はもっとすごかったんだけど、アルバム単位で聴くと疲れてしまうことがあった。
こんどは、一口目はあっさりしていながら、歌詞を読めばまた違う味が出てくる。いいアルバム。

スペシャルサイトこちらから「ナイーヴな人々」のPV観れます。
ずいぶんあっさりしてるけど、飽きはこなさそうでしょ?
関連記事

コメント


トラックバック

↑