GUILD02「怪獣が出る金曜日」スタート!

配信直後にさっそくダウンロード!
私がずっと3DSソフトを買わずにガマンしていたのはこの日のためだ…!
この日のためにずっと「ハッピーオーシャン」という、メインで遊ぶにはあまりにもしんどいゲームだけで我慢していたんだ。

ギルドシリーズは、それぞれ違うプロデューサーが、大作ではないけどオリジナリティある新作を次々と配信していくプロジェクト。
第一弾のギルド01も発売日に買って全部クリアするほどお気に入りだったが、02からはダウンロード形式での販売になる。これが好評だったら逆にパッケージになったりしないかな。しないな。


DSCF0277 (500x303)

ギルド02の一発目は、「怪獣が出る金曜日」800円。
プロデューサーは「ぼくの夏休み」シリーズの人。
実はこれまでの人生で、ぼくなつシリーズも怪獣も特撮ヒーローも全く触れたことがない。
ぼくなつのプレイ動画をちょっと見たことはあるんだけど、あまりにも綺麗すぎて…
家族みんなで一糸乱れぬ姿勢でラジオ体操しているシーンだけで「なんか怖い」と思ってしまう始末。どんだけ汚れてるんだ俺は。


雰囲気は、昔学校を休んだときに見た教育テレビみたいな感じで、それっぽいお姉さんのナレーションでゲームの説明をしてくれる。
昭和の東京に転校してきたクリーニング屋の息子が主人公で、ノスタルジックな雰囲気だけど、金曜日には怪獣が出てくるという一点がアクセントになっててちょっと先がしりたくなる。

怪獣は本当にいるのに脚本家がいたり、本物の宇宙人っぽい言動の人がいたり、
町が不思議だらけなのが、子供の視点っぽくていい。

DSCF0280 (500x309)

今のところ、足跡があるだけで怪獣は出てこないのでその辺を歩き回りながら怪獣カードを集めている。
怪獣カードを集めてカード合戦をすると、勝ったら親分で負けた方は子分にならないといけない。
子分は、親分が呪文を言うとその場で倒れないといけないというオキテになっているようだ。


DSCF0283 (500x308)

ゆっくり長い時間遊べるようにだろうけど、音の使い方がさりげなく凝ってて踏切の近くにいくと電車のアナウンスが聞こえてきたり、川に近づくと川のせせらぎが聞こえてきたりする。
3D表現も目に優しくて、ちょっと手前のオブジェが近くに見える程度なので、これまで3Dを切っていた人でも常に3Dをオンにして遊べそう。

なお、前作のパッケージを持っているといろいろとオマケがある。ぜひどうぞ。↓

関連記事

コメント


トラックバック

↑