穂村弘「にょにょっ記」読了

「苺大福」

苺大福を食べながら、苺大福を知らない人ごっこをする。

う、うあああ、なんだこりゃあ。

だ、大福のなかに苺が!

(間)

でも、意外にうまいな。

ん、いける。

「苺大福」、なんちゃって。



こんな感じのエッセイがぎっしり190ページ!
短歌界の頂点にいるような人なのに、こんな感じのエッセイをぎっしり190ページ!

全て実話です、と銘打った本でも10パーセントくらいはフィクションで味付けしてあるらしいけど、
もしこれがイチゴ大福を食べるところも含めて嘘だったら凄いな。

DSCF0186.jpg
関連記事

コメント


トラックバック

↑