アルコ&ピースで笑い死にしかけたTHE MANZAI2012感想

笑いすぎて死ぬかと思った。

あまり期待してなかったTHE MANZAI2012をさっき観ました。
ちょっとお酒も飲んで、あんまり興味ある芸人さんもいないなーとハードルが下がった状態で、アルコ&ピースの1本目のネタを観たところ…

もうちょっとで笑いすぎて死ぬとこだった。

優勝コンビの名前だけ知った状態だったので、まさか1本目にあんな展開があったなんて知らなかった。
事前VTRで、子供のために芸人を辞めるかどうかという話をしていて、普通なら笑えない空気になるはずなのに、先に登場した磁石さんが奇跡的に同じ流れのやり取りをしてたせいで、
「あれ、こんな会話さっきも見たぞ」
って重い空気にならずにすんで、しかもその直後に投下したのが1回きりしか使えない爆弾みたいなネタですよ。おかげで次に出た笑い飯なんか、荒れまくってペンペン草も生えてないような場所でネタやることになって…ふつうなら優勝狙えるレベルだったのに。

ちなみに笑い死にしそうだった、って表現は割と冗談じゃありません。僕は子供時代の喘息の後遺症か、アルコールが入った状態で大笑いするとゼエゼエ声がかすれて、楽しいけど苦しい状態になるんです。
あー、もうちょいで本当に忍者に暗殺されるところだった。かろうじて一命を取り留めてこのブログを書いてます。ゼエゼエ。

しかし、昔は西高東低だったお笑い賞レースが変わってきてる。今回特に、関西弁でガンガン飛ばす漫才が飽きられてる…ような気がした。
僕も一応関西人ですが、笑い飯に視聴者投票しか入ってなかったのを見たときには
「こらあかん」と頭を抱えた。
千鳥といい、明らかに投票者に関西人が多いのだ。

これでは、
「関西人というのは、日本を左右する選挙報道の裏でお笑い番組を観て、あまつさえスマホ片手にカチャカチャボタン連打で投票しているわけのわからん連中である」と、全国区にバレてしまう誤解されてしまう。

アルコ&ピースの出身地である福島にもお笑い好きはいるでしょうが、この日はさすがにお笑いどころじゃない心境の人の方が多かったでしょう。

しかも結果が、関西受けのいい笑い飯と千鳥に視聴者投票が入って完敗。
「こらあかん」と僕は頭を抱えた。また父の故郷である大阪はネット上で散々にバカにされる。

と思っていたのだが、なぜかネット上の反応を見ていると、視聴者投票が千鳥に入ったのは
「関西人がお笑いばっかり観ている呑気な連中だから」
ではなく、
「フジテレビの陰謀だ」
ということになったらしい。

よくわからないが助かった。
あと、ようやく見ないですむようになったと多くの人が安堵しているハマカーンのお姉さんの名前をいちいち出すのは、誰の得にもならないんで、勘弁してもらえませんか…。
関連記事

コメント


トラックバック

↑