限界までのコストダウンに、少し悲しくなった3DSLL本体レビュー

3DSLL本体を買いました。
年末に向けてどうぶつの森やマリオ2などの人気ソフトとの同梱パックも出ますし、3DSからからの買い替えを考えている方も多いと思います。
僕も買う前は、携帯ゲームは画面がでかければ良し!高級感など必要ない!と思っていたんですが、いざ使ってみるといろいろと気になる点も多くて…。

最新ハード買ってわざわざ愚痴るとは贅沢な身分だなオイ!と言われそうですが、旧3DS本体を大好きだった者のあくまでも個人的な感想を書きます。

まず、ネット上の評判と違うと感じた点。
「音質、画質は落ちたが持ちやすくなった」と言われていますが、そうでもないです。音はやや高音寄りになって、これまで聞こえなかった楽器の音や人のざわめく声が鮮明に聞こえます。

画質。メニュー画面では下画面が多少暖色系なのがわかりますが気になるほどじゃないです。なぜかと申しますと、3DSって下画面と上画面に別々の物を表示することが多いですから。
それより、背景の緻密なゲームでは大画面になって初めてわかる細かい書き込みがわかって少し嬉しくなります。画面の荒いゲームや立体視がうまくいってないゲームだと画像の荒さも強調されますが…任天堂のヒットゲーならそんな心配はないでしょう。
あ、バッテリーが長持ちするので常に省エネモードをOFFにしていいのも助かりますね。
音質、画質は「前のとは違うけど、悪くはなってない」と言えるレベルです。

だけど自分にとって重要な持ちやすさはどうか。わりとコントローラを強めに握る成人男性で、アクションゲーム好きですが、かなり違和感があります。
重さが増したことよりも、滑りやすくなったのが原因だと思います。
あとは本体がうすっぺらくて手のひらに食い込んでくるところ(女性では丸くて持ちやすいという意見もあり)、誤爆しやすくなったLRボタン、カタカタ動くタッチペンなどが気になります。
十時キーとHOMEボタンが改善されたという意見もありましたが、個人的には前のカチッとした感じの方が好き。これは好き嫌いがわかれそう。
これらは、机に置いた状態なら全く気にならないことばかりです。
旧3DS本体を持っていて、買い替えるかどうか迷っている方は、
自分が普段3DSを「持ってる」か「置いてる」かで決めればいいと思います。


でも、置いて使う派の方のために、操作しやすさに大きく関わるタッチペンはもうちょっとでいいから改良してあげてほしかった。以前のニンテンドーダイレクトで漫画家の楳図先生に「新・絵心教室」を遊んでもらったときにタッチペンは本体付属のものとは違うものを使っていた理由がわかったよ。
本当に、限界まで製造コストを抑えたことが伝わってくるタッチペンだ。

立体感は、かなり強くなりました。旧3DS本体で深度MAXでも酔わなかった自分が、LLで最大深度にして遊んだところ、ちょっとクラッときました。このサイズと立体感を味わってしまうともう小さい画面には戻れないレベル。

上画面が反射しづらく、周囲も指紋や汚れが付きづらくなっている。これは嬉しい。
ここで、よりゲーム画面に集中できるようになっている。バッテリーがもつようになったのはかなり嬉しい。

ネット上で全く聞かれない意見なので自分だけかもしれませんが、底板がパカッと取れそう。
本体の底のパーツが、3DSでは四本のネジで止められていたんだけど、LLでは2本のネジで止められていて、僕の本体だと横のパーツときっちり接着されていません。
隙間から爪を立てて力をいれると、パカッと本体ごと割れてしまいそうです。
実際は任天堂の品質検査は非常に厳しく、そう簡単に壊れることはないかもしれませんが、なんか悲しい。
持った時、左手にはパーツの隙間、右手にはぐらつくタッチペンが当たるのはちょっと気になる。

あらためて気付く旧3DSの凄さ
LL本体に少しガッカリしてしまうのは、旧3DS本体の、あの小さな体にキッチリと詰め込まれた職人魂のようなものを感じていたからかもしれません。緻密なつくりに、適度なサイズと重さ、サッと取り出してパッと遊べる気軽さと高級感を持ち合わせたゲーム機。
たしかに大画面はとっても魅力的だけど、3DSに満足しているなら無理して買い替える必要は無いと思う。あれだけ良くできたハードが今、1万ちょっとで売られているのは驚異的。これまでPSPしか持ってない人なんかは、今からでも旧本体を買ってみてはどうでしょう。




関連記事

コメント


トラックバック

↑