「わがままファッションガールズモード」クリアレビュー!

今日の店長。
HNI_0053_MPO.jpg
ミクダヨー(裏声)

HNI_0054_MPO.jpg
アイドルオタクに媚びて知名度アップを試みる店長。

コンテストで優勝しました。基本的に終わりの無いゲームでまだまだやりこみ要素はあるけど、ひとまずスタッフロールは流れました。

予想はしてたけどコンテスト優勝自体は簡単です。
やっぱり「店舗を大きくして優勝を目指すゲーム」としては微妙なんです。だけど着せ替えとお買いものごっこゲーとしては無限大に遊べる。
優勝すると、上の写真のアイドル風衣装などを扱うショップがオープン。何でちょっと男性ファン向けのサービス要素が最後に出てくるんだ? と思いつつ買い占めてみた。


クリアレビュー!!

「女性向け」プラス「ファッション」
苦手な要素のかけあわせなのに、気が付いたらしっかりハマってた。

欠点というほどでもないけど、ちょっと気になったのは客の数のわりに個性がない、せっかく着替えても足元が見えない、ぐらい。調べたら前作はタテ持ちで足元まで見えてたらしいね。

おかげで、せっかくルーズソックス用意して「一昔前の女子高生」作ってもこのようにパンチ力の欠ける写真になる。
HNI_0055_MPO.jpg
そういえば、死ぬほど長いマフラーが一時期流行ってて、FF10にもそれを意識したキャラがいたような気がしたけど、あれは今どこに行ったんだろう。

V6の「学校へいこう!」って番組で、厚底ブーツの底を切り落とす企画をやってたのも面白かった。
ニュース番組が「若者は凶暴で、こんな不愉快な格好をしているんです」って遠くから見てるだけだったのに、ジャニーズは体当たりで不良少年やガングロ女子高生とぶつかっていた。

あの頃みたいな強烈な流行は少なくなった。クロックスとかメイド服がそれに近いけど。あのころみたいな強烈な違和感は無いな。もしかしたら自分が知らないところで何か流行ってるのかな。


厚底ブーツとか、ロングマフラーを装備していた世代は今ごろママになっていてもおかしくない。
子供が2人生まれたら、長いマフラーをふたつに切ってちょうど2人分にしてたりしたら感動する。
わけのわからん流行を追いかけていたギャルが母親になる瞬間である。
関連記事

コメント


トラックバック

↑