FC2ブログ

日本を代表する作家でありながらゴキブリである先生のラジオCM

今年の梅雨は「日本を代表する作家でありゴキブリである先生」がインタビューに答えている。
ラジオCMのはなしだ。キンチョーのCMは昔から凝っている。

新作「夜中、箸をなめる私」について聞かれた先生は、

われわれは昔から、夜の台所にいたのに、近年になってそのことを非難されるようになった。
昔は、人間が夜は寝ていたからである。
これは我々の邪悪さではなく、スマホなどに夢中になって夜更かししている人間のライフスタイルの変化を描いたものである・・・。

と、なんだか偉そうなことを、少し古めの、権威ある作家先生のインタビューふうに答えて、
最後に
「ゴチャゴチャうるさいゴキブリに」
と、商品名が流れる。


たしかに楽しい内容ではないけど、この手のCMでどこまで「不快感を残さず、印象には残す」バランスにできるかを、制作陣は虫の出ない冬のあいだ、ずっと考えては作り直ししていたに違いない。
虫の声はあえて可愛くするのか、ぼそぼそ喋るか。作品のタイトルは。何度も撮り直していたに違いない。


ヒマなのでツイッターを眺めていたら、このウィットにとんだゴキブリ擬人化CMがとにかく不快だからやめてくれ、という人がいた。

あッ、と気づいた。
僕の中の「先生」は、虫の着ぐるみをかぶった温水洋一みたいな人だったのだ。
ラジオなので、人によって「先生」の姿の不快感は違う。

わざわざ不快だと書いた人の中では、テラフォーマーズの敵みたいなえげつない先生が、机に足をのっけて、めんどくさそうにインタビューを受けていたのかもしれない。




えー、先ほどキンチョーのホームページを見ました。やっぱり絵はなかった。虫が苦手な人でも見れるように気を使ってあった。
ラジオCMの先生の声は、町田康。
芥川賞や。

この人や。
関連記事

コメント


トラックバック

↑