FC2ブログ

PSVR「ライアン・マークス リベンジミッション」クリアレビュー

PSVR「ライアン・マークス リベンジミッション」両手、両手に銃を持った軍隊あがりの男ライアンになり、敵対するギャングに復讐を挑む。
VRゴーグルとモーションコントローラ2本持ちのガンシューティングゲーム。

アクション映画の主役になれる!
だがその前に、初めてゲーセンでガン型コントローラを握り、ワクワクしながら100円を入れたあのころの少年に戻してくれる!

なんといっても、VRで銃になったコントローラの照準をのぞきこむときのワクワク感!
歴代ガン型コントローラよ!聞いているか!
光線銃!ガンコン!ドリキャスガン!WIIリモコンになんかアタッチメントを付けたやつ!
ずっと架空ガン(エア・ガン)を買うたび、ちょい照準ずれる気がするけど楽しいなあって抱いてた感じがよみがえる。

しかしすぐに、両手両肩に銃を装備して、弾切れになったら胸の弾薬を取ってリロードすることに無理がでてくる。
弾かと思ったら握ってるのは弾切れのもう一丁の銃。
あれ、こっちじゃない、これを手放すには・・・オロオロ・・・。
軍隊あがりでギャングたちを震え上がる腕利きのはずが、横山やすしの「メガネメガネ・・・」みたいなことをずっとやってる。そのあいだに普通に敵が来て一層パニックに。

悲しいことに、作り手の銃に対するこだわりがプレイヤーの混乱を引き起こす。
両手で持って振動をおさえるのも、最初はおおっと思うけど、これ単純に弾数無制限のマシンガンで爽快にコマンドりたかった。

コツとしては、背中の銃や弾薬にふれると振動があるので、それを意識すること。
なれれば次々と武器を取り換え、相手の投げた手りゅう弾を投げ返したりするスーパープレイに酔える。サイレンサーを装着した銃で軽いスニーキング要素もある。
シュワちゃんになりつつ要所で横山やすし・クルーズがコマンドリつつミッション・ランボッシブル!

カンペキなゲームかといえば(各所アップデート予定とはいえ)苦しい。ボスより盾持ってる普通の敵が厄介で、倒した快感もない。バイクの敵とかはパンクしたら吹っ飛んでほしい。

ただ、そこを乗り越えたあと、さらに印象はいい方にひっくり返る。あのシーンやあのシーン、ラスボス前のあの演出!
決して他人のプレイ動画なんかで見ないように。
ヘリが襲ってきて迎撃とか、アクション映画やゲームで100回見飽きたようなのばかりだから。
だが、それが!VR体験だとここまで震えるのかと! そこを体感してほしい。


銃撃戦だけでなく、ものにふれること自体の楽しさも散りばめてある。
車の助手席で、並走してくる敵の車をけちらすカーアクションでは、敵がバンバン撃ってくるのに、カーナビをいじったりできるからね!

トロフィーのひとつに「ラスボスに中指を立てる」があるように、射撃のスコアを競うだけじゃなくて、いろんな遊びを試してみよう、とゲーム側からも誘ってくる。紙くずをゴミ箱に投げたら反応するんじゃね?・・・あ、やっぱり!反応があるのが嬉しい。トロフィーでそれとなく「こんな遊びもあるよ」って教えてくれてる。

会話シーンもっと削れとか、もっと移動を減らして目いっぱいVR酔いに対処しろとか、ぶつぶつ欠点を言いたくなるゲームだけど、最後にはそれ以上の火力で細かい不満を焼き尽くしてくれた。

関連記事

コメント


トラックバック

↑