FC2ブログ

町屋良平「1R1分34秒」 を読んだよろこびと読書メモていど



大きな賞をとったものって、とりあえず手には取るんだけど、だいたい
「完全にはすごみを理解できなかったけど、すごいものなんだろう」
って気持ちを上乗せしてしまう。
かんたんに作品について感想を言ったら呆れられるんじゃないかとか、賞が読書体験に影響するんだけど、この小説については、わかる!

ボクサーの小説だけど、読んでてすげー嬉しいのが、多少本を読むのに慣れてきたのか、
「これは新しい感覚の小説だ」とわかる!
普段使わない言葉は使わないようにして、ひらがなを多用して、安易な比喩を使わないようにして、自分の言葉で、何気なく考えているようなことを書いている。

スポーツ選手が一瞬のうちに何を考えてどんなパンチをしたとか、言葉にしづらい部分をまるで自然に動画から文字に翻訳したみたいに書いている!
わかる!これは、賞を獲ったことを知らずに読んでも凄いと感じたはず!

何ですごいと感じたんだろう。
ぼくが村上春樹じゃないからか。
村上春樹みたいな思考や語彙で生きてない。
題材も、言葉選びも、ふだん使ってる言葉で、感じたことがあることを書いていることがうれしかった。
ぼくらの通ってきた道は軽んじられるようなことじゃないだろ、って言われた感じがうれしかった。
まあ、要はおもしろかった。

僕は本好きといってもそんなレベルです。

昔、横山秀夫「半落ち」を読んだときは、特徴的な文体だということもわからなかった。
今読み返すと、短い文章がタン、タン、タン!と連続で撃ち込まれるような書き方だなあ、ぐらいは感じる。

アートでもお笑いでもスポーツでも音楽でも、全方位にあさく楽しむだけだと、多趣味というより結局は退屈になって、「昔は良かった」とか言い出すんじゃないか。
人生で一度もギターを聞いたことがない人は、60歳で初めて音楽を聴いたら13歳みたいに体に電撃が走るのか。よくわからない。
とりあえず、この喜びが持続しているうちに次の何かを注文するし、テルマエロマエは今電子書籍が無料だ。

関連記事

コメント


トラックバック

↑