FC2ブログ

PSVR「ライアン・マークス リベンジミッション」開始!

来た!これは来た!モーションコントローラ2本持ちのVRゲーム「ライアン・マークス」
腰のホルスターに手をかけて、銃を持って撃つ。
肩にかついだマシンガンを取って敵をなぎ払う。
普通に撃ってもなかなか当たらないので、銃を目の高さに合わせて、片目をつぶって照準をあわせて撃つ。
マウスやコントローラでエイムして、緻密にヘッドショットする快感じゃない、もっと子供に戻って「アクション映画ごっこ」ができる楽しさ。

隣の部屋に行くとき、誰もいなくても
「動くな!」
って言いながら遊びたくなる。

頭を下げて攻撃を避けたり、胸の弾薬を取ってリロードしたり、いちいち両手を動かして、世界にふれる楽しさ。
いろんな映画やゲームで「ダクトに潜り込んで潜入」「ピッキングでドアを開ける」をやってきたけど、ぶっちぎりで一番楽しい!ダクト潜入ってこんな!?って「メタルギアソリッド」以来のニヤニヤが止まらんぜ。

「VR酔い」は、完全にないとは言えないけど、
バイオハザード7のVRモードを、体験版すらできなかった僕でも大丈夫なように仕上がってる。
酔う人用に完全対策されたモードもあれば完璧だった。


隠れ家では、銃にパーツを「ガチャっ!」と付けて試し撃ちができる。
手の届くガラス瓶やライターをちゃんと取れる。ガラス瓶を投げて空中で撃ったり、消火器を撃つと爆発したり、ふれたものに反応がある。わかってるなあオイ!

騒ぎを起こすシーンで、警報のボタンがあればいいのにDJの機器があってボタンを操作できるとか、1時間しかプレイしてないのに何度も「わかってるなあ!」ってうなった。

大味なアクション映画の見せ場だけをつないだような展開、リアルに血が出たり悪事で人を苦しめるような後味のわるい描写もない。ポップコーンムービー的。両手ふさがってるからポップコーン食えないけど。
あるいは(今もあるのか知らないが)ゲーセンの、勝手に移動するタイプのガンシューティングの超強化版。

スコアを競うモードでやり込み要素もあるけど、買った日にストーリーモードだけはクリアした人が多いので、相当タイトに、遊べる部分を凝縮しているようだ。

以上、ロンドンから報告でした!
痛って! あっ、また奴らの襲撃だ!一通り片づけたらレビューするぜ!

関連記事

コメント


トラックバック

↑