FC2ブログ

丸山ゴンザレス「世界の危険思想 悪いやつらの頭の中」



ラスベガスの地下には、精神疾患に苦しむ元軍人が住む空間がある。
砂漠にできた空洞に、アメリカンドリームと薄皮一枚へだてた場所に、アメリカの闇が息をひそめている。

「クレイジージャニー」で検索すると「普段バラエティを見ないけどこれは別」って鼻につく書き込みがでる。それだけファンの多い番組だけど、その中でも特別この人の危険地帯ロケは、誰かに話さずにいられない。

世界の危険地帯を取材するジャーナリスト、丸山ゴンザレス「世界の危険思想」。
番組関連本はいくつも読んだけど、これがいちばん番組そのものから抽出している闇汁100パーセント本だ。

薬物中毒者など訳ありの人が集まるマンホールに入る。何者が待つかわからないトンネルに踏みこむ。悪習と害虫で壁が見えない下水に入る。
そのたび、友達にさそわれて乗ってしまったジェットコースターが上昇していくようで、
「待て待て待って!ヤバイって!」と怖すぎて笑ってしまう。

作者も語っているが、海外では命と金の関係がシンプル、かつ残酷だ。
観光客にとって楽園であると同時に殺人も多い、東南アジアの殺し屋取材。
バンダナで顔をかくした、やせて一見なんでもない殺し屋の目には感情がなかった。
番組で見た覚えてないけど、男は、そのときかかってきた電話を後回しにした。
つまり「殺しの依頼」がそのとき来ていた。

フィリピン人は運転が荒い、らしい。事故が多くて次々と割り込まれるのに、人をひいて殺したら賠償金が約22万円。
高級車にぶつけたら300万円以上の請求もある。
命が安い。命を10個あつめても車が買えない。
命と金の関連性がシンプル。
人をひいて、半殺しでずっと賠償金を払う状態にしてしまったら、トドメをさしたほうが得になるように法で決まっている。

ボリビアのドラッグの運び屋は、1回で平均月収の10倍のカネをもらえる。そのかわり捕まったら懲役8年。
先が見えなくて、病気の家族がいれば、やる人も出てきそうな額だ。
日本人でもやるんじゃないか。巨大リュックを背負って運びきったら給料10倍。職務質問されたら8年。

タイの刑務所では、犯罪者たちの悲惨な生き方も見る。
新大統領が犯罪に厳しく、犯罪に少しでも関与していれば銃殺するから、みんな「外にいたら殺される」と自分から懲役をくらいにきた。刑務所が汗だくの男で満員。


つぎつぎ紹介される異世界にクラクラするが、本作で一番印象的なのは、作者ゴンザレス本人。
同情の余地があるスラムの人たちに密着して、同じメシを食って、売春で生きる少女や老婆を見て、それでも入れ込むことなく紹介していく丸山ゴンザレスの姿勢。
作家として、ジャーナリストとしての姿勢が過去作より厳しい。番組でいじられがりなあのカワイイ目で、今回はキッとにらまれた気がした。

ぼくは小さいころ
「アジアの恵まれない子供たちにくらべて、豊かさな日本人は大切ななにかを失った」
「アフリカの子供たちはご飯を食べられないんだから給食を残すな」
みたいな、型通りの説教をよく聞いた。アジアというのは日本じゃない貧しい国なのかと思っていた。

ゴンザレスさんは、世界中にどうしようもない現実があると知ってしまいながら、
「それはそれ」的な。
スラムのこと考えて我々まで憂鬱になっても前に進めないだろう、とばかりに、ドライな態度。
貧しい身上の彼らを説教のダシに使わない。
何も足す必要がないほどのを見て、紹介するだけに撤する。
無駄な感情をそぎ落とした、刃物のような一冊だった。

関連記事

コメント


トラックバック

↑