FC2ブログ

もはや主人公が不死でもいい「ジャストコーズ」

我が道を行くオープンワールド「ジャストコーズ4」をプレイ。
1週間ほど遊んで、初めて他のレビューなんかを見て、同じ煮え切らない思いを抱えている人がいるのを知って「ぐぬぬ」と奥歯をかみしめている。
ゲームに最近大当たりがなくて、明後日届く「ライアン・マークス」が頼りだ。

このゲーム、続編が出るごとに火薬の量が増えていく方向に進化してるんです。

80年代筋肉爆破アクションがここではそのまま続いてる。
南国のどっかで独裁者が作った建物をただただ破壊。敵がみんな目立つガスタンクや火薬のそばにいるので、どっかんどっかん爆破パーティ。

それも、強靭なワイヤーでどうにかするのが特徴で、ワイヤーでヘリと壁を組み合わせたらヘリが動けず墜落したり、丸いガスタンクを引っ張ってゴロゴロ転がったり、バグみたいな勢いでオブジェが弾け飛びまくる。

だけど、今回ちょっと小利口になっていて歯がゆい。


思えばパッケージの時点で、「バカを遠くから見ている」絵じゃないか。今回は天候がキーになっていて災害で攻撃できるので竜巻を見ている。


前作のパッケでは「自分がバカ」になっていて、バカとの距離感がちがう。
このゲーム、謎の理屈で飛べるんですね。パラシュートとウイングスーツを瞬時にたたんでいくらでも飛んで地面に激突して死にかけるけど、すぐ回復。乗ってたヘリがミサイルで爆破して生身で地面に激突しても
「痛え」
って言ってからすぐ回復する。
昔のアクションゲームの、人なんだけど人とは思えない感じ。車でポーンってひき飛ばしても罪悪感がわかない。(ていうか前作のパッケ絵最高だな)

80年代アクション映画の能天気さと、
90年代アクションゲームの雑さを、
2000年代以降の技術で再現する。
最高でしょ。

でも今回、前作までにない魅力を持とうとしてややこしくなった部分がある。破壊までの手順が少しかったるい。敵も硬い。

もう主人公、死ななくていいんじゃないか。
ミサイル2発ほど直撃で「死亡」からのリトライになる。

最近の2Dアクションが「残機制」をなくして無限リトライ方式になったみたいに、死なない主人公が無限爆破パーティを続けるだけでもいい。主人公だけはどんな銃撃くらっても死なないお約束に守られてるほうが、昔の大味爆破アクションを思い出させる。

関連記事

コメント


トラックバック

↑