FC2ブログ

ダーマのDLCをインストールしながら「じゃじゃじゃじゃ~ン!」を推す

今日は日付が変わったと同時にスパイダーマンの追加コンテンツ発売!開始!

と見せかけて、通常通り昼まで待たないと配信されず!
遊べるのは仕事から帰ってきた後!
遊びから現実へ!
まさに現実の厳しさを叩き込まれている急転直下の現実落とし!ヤベエ!パねえ!

やることがないので、NETFLIXで「バーフバリ」観る!
ウゴウゴルーガの精神的後継番組「じゃじゃじゃ~ン!」をリピートして観る!!


強烈に印象に残るこの2作は、どちらも「その国じゃないと作れない感じ」が出てるという共通点がある。バーフバリはインドのスケール。精神。道徳心。多少作り物っぽかろうがCGが丸わかりだろうが堂々としていて、笑いが出るまで異文化でぶん殴られる。盗賊とか牛の群れとかの人数がいちいち人数が多い。
船を操縦するシーンとか、船の操舵をぐるんと回すと、ファイナルファンタジー5みたいに船が飛空艇に変形して光射す雲海の中を飛んでいく。
暴力シーンがダメな人にはすすめないが、合う合わないかはともかく圧倒的な「何か」ではある。



デジタル洗脳麻薬系TV早朝こども番組「じゃじゃじゃじゃ~ン!」
無料視聴サイトティーヴァーのページにリンク

パンダの着ぐるみを来た子供とAIが、イケメンや応援団と話をしている。
とりあえず「はやってるからパンダとAI」みたいな節操のなさがいい。番組全体のリズムがいい。
そういえばゲームの「リズム天国」のセンスにも近い。

子供番組らしくダンスのコーナーもあるんだけど、そこの歌詞が
「しろいじゃ~~ん」
「しかくじゃ~~ん」
「とうふじゃ~~ん」

って感じで、意味はない!
それと、ぜったい子供が考えた歌詞じゃない。

大人の考えたおもしろい言葉を、心底たのしそうに声に出す子供。
おとなとコドモのコラボ感。
子供がダパンプの「USA」を歌うけどサビしか知らないところなんて、「うわ!リアルに子供っぽい!アドリブだ!」って、嬉しくなる。

大人の理想にあてはめた「よいこ」に「正しいこと」を言わせるんじゃなくて、
これ面白いんじゃないか、こういう変なキャラ、ちょっと気持ちわるいキャラを本当は子供が喜ぶんじゃないか?って、大人はひたすら場を用意する。進行はお笑い芸人と、ある程度子供の自由なアドリブに任せる。
幸せな光景。
そして大人が観ても単純に楽しい。次回はリアルタイム視聴を目指すぜ。4時台だっけ…
関連記事

コメント


トラックバック

↑