FC2ブログ

キムタク主演の「ジャッジアイズ」とスパイダーマン日記3

Dmvjk6gUYAEqHNV.jpg
かさかさと、美女に這い寄る悪い虫。
スパイダーマンプレイ日記その3。

ゲームをやるたびに、ゲーム内の自動販売機をチェックしている人がいる。(どんな人だ)
僕も触発されて、今日はスパイダーマンワールド内でドリンク調査。
義手を研究している研究所内で自販機を発見。



スパイダーマン界では、SEILLCOなる緑の缶ジュースが売れているようで、看板をいくつも見かけるし、自販機で売っているし、食べかけのピザと一緒に置いてあるし、研究所の誰かが箱買いした形跡もある。

ジュースの缶が、単に画面をにぎやかにするためのオブジェじゃなくて、
「ここの博士は食事に気を付けることなく、室内にこもって研究に没頭していた」描写になっている。
オープンワールドと映画的演出の融合ってこういうことだよ。すげえ。

作る側も「ここまで気付く人がいるはず」とプレイヤーを信頼して街を作り込み、
プレイヤーも「気付いたぞ!」と、印象に残った場所をSNSに投稿する好循環。

ところでこの世界のドリンク、SWILLCO? 3色ともベリー味らしいけど、過去に映画で出てきたり、今後話に絡んできたりするのだろうか。
飲料メーカーの裏設定とか、ゴミ回収業者の設定とか、新聞社のシェア争いとか、見せかけだけじゃない世界設定がしっかりありそう。



「オープンワールド」とは言うけど、「オープン」な空間があるだけじゃなくて「ワールド」。
この世界の人はこんな生活をして、この会社があって経済が回っているんだ、と思えるようになっている。
ここまで作り込まれた「ワールド」だから、上空を飛ぶときに、単なる高速スクロールにはない爽快感がある。

ストーリー的には、序盤でギャングの大物を逮捕したから、
抑え込まれていた悪い奴が次のボスになるべくのさぼり始めたようだ。悪を裁いたことで逆に治安が悪くなっていく、現実にありそうな展開。彼女というには微妙な関係のMJが捜査をしたがっているが、悪の暴走だけでなく正義の暴走も怖い。人にはそれぞれ、ふさわしい相手というのがいる。



龍が如くスタジオの新作「ジャッジアイズ」発表。即日体験版配信。
共通するのは街の作り込みと、役者の顔の強さ。
ドラマをほとんど見ないのに、キムタクの顔だけで「あっ、ドラマだ!」と思う。

他の役者だと「ゲームに芸能人が出てる」と思うのに、
キムタク動かすと「ドラマを動かせる!」と感じる。


「スパイダーマン」も実在の役者からデータを作っている。
お世話になる中国系のリーさんは、海外ドラマでよく見るアジア枠の人の顔。しかも声は吹き替えで、動きもCGだから、元の人間のなごりは「顔」しかないのに、架空の顔よりも「あっ」てなる。

実写サウンドノベル「428」が世界配信されて、海外のリアクションを見るのも面白いんだけど「なすび」さんの顔の面白さがウケてる。

キムタクがチンピラと格闘するとき、足に青いイナズマをまとって回転蹴りを繰り出す。もう笑える。
実写と見分けがつかないCGの人を動かせるのに、人間が元だと、違う。
関連記事

コメント


トラックバック

↑