FC2ブログ

単行本化されないマンガ「解体屋ゲン」電子書籍でダイナマイト爆裂配信!

「解体屋ゲン」が電子書籍になったというので、ためしに読んでみたらいつの間にか夜が明けた。



1巻ダウンロードすると次々お薦めしてくるよ!見出しの「ダイナマイト爆裂連載!」とかいい。
それすら面倒ならnoteで「防災グッズ対決」前後編とか解放されている。
防災グッズ対決
強引な導入、ちょうどいい軽さ。そう。「ちょうどいい。」



「解体屋(こわしや)ゲン」は解体だけでなく、建築全般に関するマンガだ。
解体、建築には、それぞれ住む人のドラマがある。
周辺の会社の黒い一面、労働者の現状、そして災害もある。

震災のあとで、マンガの登場人物に「立ち上がれ東北」みたいなメッセージをそえた色紙がチャリティーオークションに出品されていたが、もっと直接的に、でも重くなりすぎず、災害のことを描いたマンガ。

グルメ漫画と同じくらい「建築」にはいくらでも切り口がある。


主人公ゲンさんは、常にヘルメットで爆破解体が大好きな危険人物だけど、「両さん」や「クッキングパパ」に近い好人物。
開始当初こそ、わざとらしいヌードや事件があるけど、巻数が進むほど人間的魅力にひかれていった。俺もゲンさんのように要所ではビシッと生きたいものだ。
女性読者にモテそうな気がするけど…第一印象抜きで、どうでしょう?

このマンガが電子書籍化で、一挙読み放題サービス対象になることの何が事件なのか。


じつは「解体屋ゲン」は15年も連載して、コミックスが1冊出たきりなのだ。

全国販売されている週刊誌で、ずっと人気上位で引っ張ってきても、形として残らない。
努力の結晶が形として残らず、古雑誌として束ねられるか、コンビニのごみ箱に弁当のカスと一緒に突っ込まれる。
それをわかっていても、いい加減な仕事をしないで、キャラ的に好色でも許されそうなのに、エロも奇抜な題材もほとんどない。
どこから読んでも何となく「このキャラはこういう感じだな」と流れがわかる。


強烈なのは、劣悪な条件で働くしかない左官職人の生活を知って、搾取している企業に殴り込みに行くエピソード。(何巻か忘れた)
搾取の構造は簡単に解決できるものではないが、カチコミで開き直った社長にゲンさんは怒鳴る。

Dh_LvGRVQAA83tA.jpg

「気温は30度をこえてる! 照り返しで50度以上かも知れねえ」
天気予報の、涼しい顔で発する30度とは違う。
「照り返しの暑さ」というワードがすっと出てくるのは、現場を見ている人だ。

Dh_LwLsU0AAzRTB.jpg

そして社長の机をハンマーで粉砕! 

現実なら、弱者が自分の立場を知ったといには、もう環境を変えるのは難しい。
だけど、その場で読める週刊誌のマンガなら、偉そうな連中の机を叩き割って、少しでもスカッと終わるほうがいい。
現実的問題に、せめてマンガ的に落とし前を付ける。

この「搾取される弱者」を、単行本にならない「解体屋ゲン」で代弁する。

床屋や定食屋に並んで置かれてもおかしくない感じなのに、クッキングパパやゴルゴにはなれない。
けど、読み捨てられる週刊誌という現場の中で、手抜き工事をしないでやってきたゲンが、偉そうな奴に一言かます!

腰をかがめてもくもくと作業する職人の姿は、描いたものが捨てられることをわかっていても手を抜かない漫画家の姿そのものだ。



こちらで連載中
関連記事

コメント


トラックバック

↑