FC2ブログ

山本さほ「岡崎に捧ぐ」2巻読む。笑いながら俺の黒歴史を掘り返してきそうで怖い!



以前1巻だけ読んだ「岡崎に捧ぐ」2巻を読んだら、
これが怖いのなんので、ついつい何度も読み返してしまう。

現在ファミ通ほかで連載している山本さほの、小学生時代からの親友「岡崎さん」に捧げるエッセイ漫画。
タイトルからして凄い。実在の、特別な地位でもない人の名前がこんな堂々と出ている本を他に知らない。

2巻では中学生になった二人が、放送部のテレビでプレステをやったり、初恋に目覚めたり。

ゲーム好きならずとも相当な知名度の漫画家なのに、サービス精神なのかプロ根性なのか、初めてのブラジャー話とか「何をあっけらかんと描いてんだ!」って笑うし、中学生なりのオシャレ話も可愛いんだけど、
読んでるとなんかゾワゾワと居心地が悪いのです。

友達のいない優等生、グレてしまった生徒、そして明らかに普通の家庭じゃない岡崎さんの様子を見ると、世代が近いので
「ああ、こいつは俺だ! 同じクラスのあいつだ! こう見られていたのか!」
と、記憶の底にしまっておいた痛い記憶をスコップで雑に掘り返された気になる。

ゲーム系アイテムは、プレステのメモリーカードシールとか、モンスターファームのレアモンスターを呼び出せるシングルCD、ポケステ等が登場。

当時はまだ「オタク」という言葉がかなりの悪口で、ゲームをする女子の姿も少なかったはず。
いかにもそれっぽい女子でゲームやってる人はいても、
「明るいお調子者タイプでゲームも好き」
な女子は、プレステ登場まではかなり少数だった…はず。
(そもそも女子と関りがなかっただけかも)

今後はつらい展開もありそう。まとめ買いもできるけどしばらく置いて続きは次回に。


PS4にて、フライハイワークス配信のレースゲーム「マンティス・バーン・レーシング」にはまる。
上空視点のレースって時代と逆行してるようだけど、そもそも大昔のレースゲームは上空視点だったはずだ。
マンティス・バーン・レーシング

この視点だと、迫力と引き換えに、コーナーをどれだけ美しく突破したかが見えやすい。
壁に激突したときのペナルティが大きく、力技は通じない。
コースを把握してコーナーを美しく攻める、「美学」を極めたくなる。


しばらく忙しくて体力減退。
遊ぶ時間がない。時間がないと遊べない。遊べないと書きたいことがない。
4年前は全く見なかったワールドカップ、面白い。何で観なかったんだろう。
関連記事

コメント


トラックバック

↑