FC2ブログ

光と水のアドベンチャー! PS4インディーズゲーム「SILENCE」レビュー

街に警報が鳴り響き、雪遊びをしている子供たちの上空を爆撃機が覆う。
孤児院育ちの兄妹は防空壕に逃げ込むが、遊んでいたお友達は逃げ遅れてしまう。

Dgok8IXUEAAY5TA.jpg

作りかけの雪だるまが崩れて、泣き顔のようにとけていく。

Dgok9EEVMAABWv5.jpg

窓から外を確認したお兄ちゃんが血痕を見つけてしまい、ピクッと一瞬反応して、妹を動揺させないように話題を変える。
映画のような「演技指導」の細かさだ。

泣きじゃくる妹を泣き止ませるため、お兄ちゃんは、周囲のぬいぐるみや靴下を使って、おとぎ話「サイレンス」に登場する「王」「ピエロ」「青虫」に仮装して、話をしてあげる。

その後、兄妹は本当に異世界「サイレンス」に飛ばされてしまう。

PS4のダウンロード専用ソフト「SILENCE」2980円のレビューです。
「SILENCE」製品ページ

息が詰まるような戦時下から、光にあふれた世界に開けた瞬間、
汚れた俺の身体まで浄化されそうになった。

DgRiNkKV4AAwxsT.jpg

うん。画像を縮小したせいで顔の像がクッキリ見えて存在感が強すぎるけど、虹と清流が美しい。
左スティックで移動して×ボタンで気になる物を調べる、アクション要素のないゆったりしたゲーム。
ドイツ語やポーランド語フルボイス&日本語字幕など、珍しい設定で遊べる。

「サイレンス」世界に迷いこんだ兄妹だが、おとぎ話の内容通りだと、
王、ピエロ、青虫が冒険して、最後に「鏡」を割って全て解決するはずだ。
そしてお兄ちゃんが、この世界ではどうやら「王」らしい。

現実では平凡な少年が、異世界では選ばれし存在になっていて、特別な使命を果たす。
定番だけど、現実と異世界のギャップがあまりに大きい。

ゲーム中はどの場面でも光が射している。
照明があり火があり、暗くても陽が射していて、画面が変わるたびについついスクショ撮ってしまう。
戦時下の子供の話だけど、登場人物の気付かないところで常に何かに照らされている。

DgTuO56UEAAyTA7.jpg

仲間の青虫が、空気を吸い込んで風船になったり、逆にペラペラに変形できて、形態によって調べたものへのリアクションが違う。
水を調べて水風船に変形してコロコロ移動して、他のものにアプローチすると更に形状が変わって…と、
虫嫌いな人でもちゃんと受け入れられる可愛さになっていると思う。
(しかし変わったパーティだけど「イヌ、猿、キジ」的な、モデルになる物語があるんだろうか?)

キラキラしたサイレンスの世界で、怪しい仮面の「シーカー」に追われ、妖精的なヤツに翻弄されながら、
幼い兄妹は現実に帰ることを決意する。

そこがどんな暗がりでも、現実を選ぶ。
ファンタジーに逃げ込むより、現実に帰るために旅をする。
ずっと楽しげな画面が続くのに、メッセージ性がピシッと芯が通ってる。

ちょっと冒頭を遊びなおしているけど、
最初に靴下で青虫を演じるところで、ペアであるべきもの(兄妹)が離れ離れになる展開を暗示している。
映画好きが作ったっぽい!

Dgg61LIV4AAV4bs.jpg

クリアまで数時間。トロフィーは蛇足。
今時の2980円するゲームにしては短いけど、「ボリューム不足」より「タイトな内容」と表現したい。

最終的に現実に帰るためのストーリーだから、延々と続くより、あざやかな光の印象を残して、短く終わるのが正しい。
終わったあとも、光に導かれた兄妹が成長していくのを想像できる。
関連記事

コメント


トラックバック

↑