FC2ブログ

昔のゲームって、箱絵がドット絵と化学反応を起こしてるやつあったよね、的な話

キンドルで進められた桜玉吉の「漫玉日記」シリーズを、なぜかブックオフでまとめ買いしてしまう。
ファミ通で長年「読もう!コミックビーム!」と小っちゃい四コマを描く玉吉。
ポップな絵からウツ状態の墨絵まで、大胆にタッチが変わって、切なくておかしい。
DdZ6GmpVMAA6_7A.jpg
本の間に「サンサーラ・ナーガ」のチラシが挟まっていた。


「サンサーラナーガ2」は、当時ゲーム屋でスーファミ版の箱を手に取った記憶があって、裏面は女の子キャラの全く同じポーズの絵があった。


商品画像を撮影した人も印象的だったのか、わざわざ4枚も写真を載せてる。

スーファミの箱の裏面って、どれも、
「手に取ったってことは興味持ったってことだよね!!そのままレジに持ってって!」
とばかりに売り要素を並べるものだけど、これはどっちが表かわからないようなシンプルなデザインで「粋!」と思ったのは覚えてる。監督は押井守。


同じ人のデザインとは思えない「ピキーニャ!」


振り返れば、レトロゲームはパッケージに「漫画家力」を見ることが多かった。

今のように、ゲーム中に漫画のキャラそのまま出てくるんじゃない。けど
そばに置いている箱絵のイメージが、ドット絵に乗り移って化学反応を起こすというか…。
あるよね。ぱっと名前をあげられないけど、映画のポスターみたいに、「ゲームの箱絵力」ってあった。


昔のドラクエって、ゲーム中の主人公を見ても「鳥山センセイの絵だ!」とは絶対思わないのに、
箱や攻略本の絵が記憶に残るだけで想像を膨らませる手助けになっている。

ファイナルファンタジーの天野絵になると、ドット絵の人と箱の人が同一人物だと思えず、子供心に
「なんで関係ない絵が描いてあるんだろう…」と思っていた。



魔訶魔訶、イデアの日はゲーム内容にも相原コージが染み込んでいた。
こいつは…普通じゃない!パッケージだけで取り合えず手に取らせちゃう力は凄い。


「オホーツクに消ゆ」新井清和氏は今見ると「この絵この絵!」って思うんだけど、昔はなんとも思わなかった。
「天空のレストラン ハロープロジェクトバージョン」は、思い切った感じ。


「ラングリッサー」当時のゲーム売り場でこんなに目がキラキラした人たちはいなかったので超目立ってた。
地味なシミュレーションゲームに華を添えるどころか、白米にチョコレートをかけたみたいに、ゲームがうるし原味に染まってしまった。内容もしっかりしていて大好きだったけど、PS2あたりでなんか変わった。

「ライブアライブ」プレイしながら、どのシナリオも戦闘システムが同じなことや、原画が出てこないことがわかってきてちょっとガッカリしたけど、箱絵が豪華スタッフが関わった証拠みたいになっていて、買って家に帰るまで胸が躍ったのをいまだに覚えている。


「超魔法大陸WOZZ」は、説明書が樫本学ヴの漫画だった。
ゲームに手を貸しただけじゃなくて、作者の刻印がある感じ。コロコロ読者には本編と同じくらい貴重。

「冷静にゲーム画面だけ見たら全然違う絵なのに、箱のイメージで補完されてた!」パターン。

昔のゲームの中身だけ販売しても、昔みたいにテンション上がらないのはトシ取ったから…というか、単純に今のゲームのほうが平均点が高いからだけど、
箱絵とか、手に取った箱とお年玉を交互に見比べてレジに持っていく瞬間とか、その帰り道とかまでは移殖できないというのもある。
関連記事

コメント


トラックバック

↑