FC2ブログ

 のむらしんぼ「コロコロ創刊伝説 3巻」

コロコロコミック創刊からを語る「コロコロ創刊伝説」3巻。九州から2人の熱い男、MOO.念平と小林よしのり登場。



「真実の物語」といいつつ、小林よしのりがマンガを描くと熱でエアコンがきかなくなる。
ギャグ表現もあるが、その中に本当がある。
子供のころにふれたアレもアレも、大人が本気で作ったものだった! 過去の話だけど読者に懐しむ間を与えない。

行き詰まっていたのむらしんぼに何かが降り、ついに「セコい男だから描けるマンガ」つるピカハゲ丸が完成。
まともな大人はこのタイトルに到達できない!

好き嫌いは分かれるものの、自信とパワーに溢れた小林よしのりと、
周囲に支えられて苦しみながらもヒット作を生んだのむらしんぼ。
同時期に金持ちギャグと貧乏ギャグを連載していた2人。

おぼっちゃまくんはドラえもんに変わってコロコロの顔になる勢いで大爆発するが、わずか8ページのハゲ丸は分厚いコロコロに埋もれて、連載が始まったのに見つけてもらえない。
話数を重ねることに、1巻2話のアンケート結果に、なぜバンザイして喜んでいたのかわかる。

取材のために訪ねても、未来の話を始めてしまう小林よしのり。
つまり、コロコロ創刊伝説は小林には描けない。わしが天才だ、で終わってしまう。
過去を振り返りがちで他人をスゴイ!と思える男、のむらしんぼだから描ける。

ヒット作は簡単には作れないけど、「自分には無理」とやる前に諦めず、しつこくしつこく立ち上がれば、自分にしかできない役割が降ってくることもある。
作中の編集者が繰り返す。コロコロの子供向けマンガは、主人公のキャラが命と。
かっこ悪くても熱い主人公に読者は共感する。
この漫画も、コロコロの漫画だ。
主人公はのむらしんぼ自身だ。
天才ではない、還暦で家族に愛想をつかされた借金男がコロコロの主人公にふさわしくなっていく。だめな男が、自分だけにしかできないことに本気で挑み、過去のライバルたちの力を借りて大きな仕事に挑む。
それが、リアルタイムで現在の借金生活を変える!過去の話でありながら今の読者に元気を与え、ライブ感がある。
コロコロに限らず、子供時代に夢中になった何かがあれば楽しめるだろう。


「おぼっちゃまくん」1話目の表紙も出ているが、茶魔に次いで学校と教師がドンと出ている。
このマンガは友達の家にあったのを見た記憶しかないけど、そういえばスパルタ学園に転校生として登場する話だった!

悪ガキがケンカに明け暮れる「あまいぞ!男吾」が健全な香りがして、おぼっちゃまくんに苦情が殺到したのが面白い。大人が押し付けるスパルタ教育を、金で子供が破壊していく。パンクだ。良識をギャグで破壊する。

覚えているのは、ライバルが腕時計を自慢するくだり。
茶魔に張り合おうとする袋小路くんは、高級時計を両手両足につけている。
しかし、時計を持ってないと言われた茶魔は、合図をひとつ。
すると、お手伝いさんがさっと現れて、時刻を教えてくれる。
時計を持たなくても、合図ひとつでどこにでも現れて時間を正確に伝えるだけの、時計役が待機して24時間見守っているのだ!
高級車に乗って自慢するより、本物の金持ちは免許を持たず運転手を雇っているのと同じ!
高級ブランドもわからない、腕時計で得意げにすることが理解できない子供にも、どちらが格上かわかるのだ。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑