「THE超人様」がキン肉マン時空に飲み込まれていく

旧シリーズではやられ役だったキャラクターの30年越しの必殺技。
思いっきり後付けで足されていく設定、裏話!
今のキン肉マンは超面白い。日付が変わって更新されたとたんキャラ名がツイッターのトレンドにあがる。

新たな刺客として弱い超人をいたぶり続けた敵の前に、旧シリーズからほぼ30年ぶりにかつてのライバルたちが集まる。
正義超人をなめきった敵に対する、胸のすく展開の予感!


それとは別に、キン肉マンのスピンオフ「THE 超人様」も同じページで連載されている。
作者は「THE 3名様」の石原まこちん。
本編で活躍できなかった超人がファミレスでだべり続けて、本編の細かいツッコミ部分や小ネタをいじる。

これに出ていた、絶対に本編では活躍しないと思われていた「カナディアンマン」が最近本編にカムバックした。
しかも、善戦むなしく背骨をバキッといかれて死んでしまった。

主要キャラがいなくなった「THE 超人様」どうする!?
と思ったら、キン肉マン本編では死んだカナディアンマンが、「THE 超人様」ではコルセットを付けて登場した。
その回のタイトルは「細かいことは気にしない!」

「キン肉マン」本編にツッコミを入れる「超人様」が、本家のパワーと予測できない展開に振り回されて、ツッコミを入れられる側になってしまった。

週刊プレイボーイ キン肉マン連載ページはこちらから

あ、本編のみんなはカナディアンマンが死んだと思っているが、実はこっそり逃げてファミレスで長話していた…なら辻褄があうな。
理屈ではおかしい展開を読者が想像で埋める、この関係はプロレスの楽しみ方そっくりだ。
プロレスの漫画なんだなあ。

関連記事

コメント


トラックバック

↑