FC2ブログ

祝マンガ大賞2018 2位!「我らコンタクティ」は、さかなクンを讃え、嫉妬する話だ

マンガ大賞2018最終結果
大賞 板垣巴留「BEASTARS」(78pt)
2位 森田るい「我らコンタクティ」(68pt)

たまたま見つけて、たまたま手に取った「我らコンタクティ」読んだ直後にこの知らせを見た。大検討の2位!



退屈な会社生活をしているカナエは、小学校時代のさえない同級生かずきと出会う。

子供のころから友達がいなくて浮いていたかずきは、大人になった今、工場で働きながらスペースシャトルを作っている。
好きな映画を、宇宙で、宇宙人に向けて上映する計画の最中だという。
ちょうど会社をやめたいと思っていたカナエは、うまくいけば金になる話だと思ってかずきに近づく。

自分の好きな映画を、永遠に宇宙で上映し続ける、理解できないことへの情熱。
かずきは、言うならば「マツコの知らない世界」「TVチャンピオン」「タモリ倶楽部」のゲストに出てくる一般人だ。
金でも権力でもモテるためでもなく、私はこれをやりたい、これが好きだ、とガッチリ決まっている人。
子供のころはバカにしていたけど、大人になってふと見れば、あいつが実は一番幸せじゃないか!と気づく。あの手の人。

このマンガは、宇宙計画でも映画の話でもなく「さかなクン」の話だ。
やりたいことがあればいい。夢中になっている人は惨めに見えない。

途中でかずきの知り合いの女性は嫉妬し、ある行動に出る。
自分の店を持ち、金をわたしてくる男がいて、休日には買い物をして、
「これをすれば幸せになりそうなもの」を揃えたはずの人が、さえない工場勤務でひとりロケット作りをしているかずきに嫉妬するのだ。

thumbnail_KIMG0016.jpg

かずきは周囲をイラつかせ、嫉妬される。「幸せ」は苦労してつかみ取るはずなのに、あいつは始めから幸せだ。
かずきの存在は、幸せを見つけられない人からは「あってはならない」存在なのだ。

金が幸せの基準だったカナエは、
かずきを見て価値観がゆらぎ、「そちら側」の幸福を知る。
最終的に、安定してるけどダラダラ続く人生より、短くてもお金や地位に左右されない夢に身を投じる。

勢いで人生を台無しにしちゃった女かもしれないが、その時間は、楽しかった。連勤明けより給料日より楽しかった。

長編デビュー作らしい、いい感じの荒削りさと完成度で、みんなの手元に打ち上げられた全1巻。
ほどよいボリュームで読みやすい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑